FC2ブログ

モーツァルト:交響曲全集(アダム・フィッシャー指揮/デンマーク国立室内管弦楽団)

adam_fischer_dnco_mozart_45_symphonies.jpg
モーツァルト:交響曲全集 (12CDs)
アダム・フィッシャー指揮/デンマーク国立室内管弦楽団
録音 2006年6月-2013年2月
8201201 Dacapo Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ハイドンの交響曲全集も録音しているアダム・フィッシャー指揮のモーツァルト交響曲全集。少し前(2019年5月)にHMV Onlineで特価販売されていたのでどうしようか迷っているうちに完売してしまい機会を逸してしまったのですが,Apple Musicで公開されていたのでこちらで聴いてみました。"45 symphonies"とありますが,取り上げられている曲目については参考に挙げたサイトでご確認いただければと思います。(※なお2019年8月現在,HMV Online上で完売とはなっておらず,取り寄せ可の状態でした)

モダン楽器の小編成オーケストラによるピリオド・アプローチの演奏とのことです。すべてを聴いたわけではありませんが,全体に速めでアグレッシブに攻めています。ちょっと過激過ぎたり管楽器や打楽器がやかましかったりする曲もありますが,基本的には好きな演奏でした。

録音ですが,約7年かけて録音されているようで,多少のばらつきはあるものの,サウンドの統一感はそこそこあります。残響が多めで少しオフマイク気味ではありますが,直接音もそれなりにあり,残響が被らずに聴こえてくるので,残響量の割にはまずまず聴ける録音です。ただ,フォルテなどでは少しガチャガチャとうるさく聴き取りづらくなるのは惜しいと思います。このようなキレを重視した演奏なので,細部まで鮮明に見通しよくキッチリと聴こえる録音にして欲しかったとは思います。少しオマケですが,四つ星半としました。

なお,今回Apple Musicでの試聴のため,少し歪みっぽく聴こえるところがあったのですが,それには目を(耳を?)つぶりました。また,例えば第29番など,至る所でプチプチとノイズが入っていました。エンコード時のミスと思われます。アップロード時にチェックしていないのでしょうか。こういうところはホントいただけないですね。

※2019/5/6に一度レビューをしていましたが,今改めて聴いてみて,録音の印象が全く異なったため前回のレビューを大幅に見直し書き直しました。前回のレビューを参考にしていただいていた方々にはお詫び申し上げます。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->