FC2ブログ

モーツァルト:歌劇「魔笛」より(弦楽四重奏編曲版),弦楽四重奏曲第14番(ツァイーデ四重奏団)

quatuor_zaide_mozart_magic_flute_no14.jpg
モーツァルト:歌劇「魔笛」より(弦楽四重奏編曲版)
モーツァルト:弦楽四重奏曲第14番ト長調 K.387
ツァイーデ四重奏団 Quatuor Zaïde
NMM060 (P)2019 NoMadMusic (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ハイドンの弦楽四重奏曲集作品50「プロシア四重奏曲」が良かったツァイーデ四重奏団のモーツァルト。歌劇「魔笛」の弦楽四重奏編曲版と第14番。Apple Musicで試聴しました。

こういう編曲ものは「ふ~ん」で終わってしまうことも多いのですが,これは,音楽が跳ね回ったり駆け抜けていったり...本当に舞台で役者が演じているような生き生きとした躍動感が素晴らしく大変楽しめました。上手いものです。そして第14番,ちょっと落ち着きがないというか,せわしないというか,そういった面はあるものの,現代的な新しさを追い求めたような挑戦的な演奏で,こちらも良かったです。

そして録音ですが,残響は多めで残響時間も長めですが,直接音成分がそれなりにあるため,残響の影響を受けつつもぎりぎり明瞭で伸びのある音質を確保しています。若干音色がきつくうるさく感じられることもありますが十分許容範囲です。このような録り方なら多くの人に受け入れられるのではないでしょうか。

この延長線上でハイドン・セット全曲録音を期待します。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->