FC2ブログ

チャイコフスキー:交響曲全集(フィリップ・ジョルダン指揮/パリ・オペラ座管弦楽団)

philippe_jordan_paris_opera_orchestra_tchaikovsky_complete_symphonies.jpg
チャイコフスキー:交響曲全集
フィリップ・ジョルダン指揮/パリ・オペラ座管弦楽団
2017年10月12日 パリ,バスティーユ歌劇場,2018年3月27日,2018年5月15日 フィルハーモニー・ド・パリ
109379 (C)2018 Arthaus Musik (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

Blu-ray Disc 3枚組の映像作品。同顔合わせによるベートーヴェンの交響曲全集のBlu-ray Discを以前取り上げていました。これが良かったので,ちょっと(だいぶ!)高価でしたが,このチャイコフスキーも聴いてみることにしました(私としては第5番と第6番が聴ければ良かったのですが...)。

演奏は力強く推進力に満ちていながら,品格を失わず泥臭くなることもなく端正に仕上げられていて,チャイコフスキーの演奏としてはかなり綺麗にまとめられているように思いました。とにかくカッコいいのです。これがオーケストラのカラーなのかもしれませんが。

録音ですが,少し残響が多めに取り入れられているものの,音色への影響は比較的少なく,明瞭感もそこそこ確保されているのでまずまず良好でした。もう少し細部が分離良くくっきりと見通しよく録って欲しいところですが,まあ許容できます。少しオマケですが四つ星半です。

カメラワークも違和感が少なく映像作品としても良いと思いました。

ベートーヴェンの交響曲全集のパッケージはバカでかくて閉口しましたが,これは通常のBlu-rayのパッケージ3つをまとめた大きさなので何とか許容範囲。個人的にはもっと小さくして欲しいと思いますが。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->