FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(ユッカ=ペッカ・サラステ指揮/ケルンWDR交響楽団)

saraste_wdrso_beethoven_complete_symphonies.jpg
ベートーヴェン;交響曲全集
ユッカ=ペッカ・サラステ指揮/ケルンWDR交響楽団
2017年11月20-25日(第1,2,3,4,5番), 2018年2月26日-3月3日(第6,7,8,9番) ケルン,フィルハーモニー
PH18066 (P)2019 Profil (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,HMV Onlineicon,Apple Music

昨年,第4番,第5番が発売されレビューもしていましたが(→こちら),いきなり全集の発売となりました。すでに購入していたファンに失礼なやり方だと腹立たしく思う一方,結果的にこのまますべて分売されて一枚一枚購入するよりはトータルとして安く手に入るであろうことを思うと少し複雑な気持ちです。ディスクの発売は6月末頃のようですが,Apple Musicですでに聴けるようになっていました。

演奏は第4番,第5番の感想と変わりません。→「現代のスタンダードを目指したような演奏だと思いました。どちらかといえばオーソドックスで,大編成のオーケストラをキッチリとコントロールして引き締まったシャープな演奏に仕上げています。突出した特徴はありませんが,要所で存在感をアピールするティンパニーは面白いです。」

録音の感想も同様です。→「残響はやや多めながら,低域の響きを引き締め,楽器音への被りをうまく避けるように取り入れられているので,楽器音への影響が少なく,明瞭で伸びのある音が保たれています。低域がやや多めのバランスで,中高域は癖がなくフラットな印象です。密度感はありますが暑苦しくなったり騒々しくなったりしないギリギリのところで抑えている感じです。」

手抜き感想ですみません(^^;。演奏も録音も良い全集でした。発売されたら購入したいと思います。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->