FC2ブログ

モーツァルト:交響曲第39番,第40番,第41番「ジュピター」(マチュー・ヘルツォーク指揮/アンサンブル・アッパッショナート)

mathieu_herzog_ensemble_appassionato_mozart_symphony_39_40_41_hmv.jpg
モーツァルト:交響曲第39番,第40番,第41番「ジュピター」
マチュー・ヘルツォーク指揮/アンサンブル・アッパッショナート
録音 2018年7月16-20日
V5457 (P)2018 Naive (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

Apple Musicでの試聴です。

指揮者のマチュー・ヘルツォークは元エベーヌ四重奏団の創設時のヴィオラ奏者だったそうで,退団後にこのアンサンブルを結成したとのことです。モダン楽器のようです。演奏はアンサンブル名の通りです。特に両端楽章は快速で攻める刺激的な演奏で,きっちり統率はされているもののやや乱暴に聴こえるところもあり,これはちょっとやり過ぎのようにも思いますが,突き詰めている感は確かにあります。好き嫌いがはっきり分かれると思います。私は...ちょっと微妙です。こういうのを聴くとエレガントで響きの美しい演奏を求めたくなってしまいます。

録音ですが,少し残響はあるものの,そこそこ明瞭で分離良く聴こえます。ただフォルテでは弦の音が管に飲まれて聞き取りづらく,また,細かい音型も潰れ気味でくっきりと聴こえてきません。やかましい感じもあります。こういう演奏だからこそもっと個々の楽器をキッチリと聴かせるように緻密に録って欲しいです。とはいえ,まあ悪くはありませんのでちょっとオマケながら四つ星半です。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->