FC2ブログ

■購入ディスクメモ(2019年7月) その4

最近購入したディスクのメモです。



george_malcolm_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988
ジョージ・マルコム George Malcolm (harpsichord)
1961年9月, 12月 ロンドン
482 8439 (P)(C)1963 (C)2019 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

CDケース裏にFIRST CD RELEASE ON DECCAと記載されています。少しだけ聴いてみましたが,チェンバロの音色が独特で多彩です。普段聴いているチェンバロの音色とはかなり違うように思いました。録音は私好みです。



james_levine_met_wagner_orchestral_music.jpg
ワーグナー:序曲集,前奏曲集,ジークフリート牧歌(*)
ジェームズ・レヴァイン指揮
メトロポリタン歌劇場管弦楽団,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(*)

1991, 1995年 ニューヨーク,マンハッタン・センター,ベルリン,フィルハーモニー
484 0636 (P)(C)1992,1993,1997 (C)2019 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

収録曲は次の通りです。

ジークフリート牧歌
リエンツィ - 序曲
タンホイザー - 序曲とヴェーヌスベルクの音楽
ニュルンベルクのマイスタージンガー - 第1幕への前奏曲
ローエングリン - 第3幕への前奏曲
さまよえるオランダ人 - 序曲
ローエングリン - 第1幕への前奏曲
ワルキューレ - ワルキューレの騎行
ジークフリート - 森のささやき
神々の黄昏 - ジークフリートの葬送行進曲
トリスタンとイゾルデ - 前奏曲と愛の死
ニュルンベルクのマイスタージンガー - 第3幕への前奏曲
パルジファル - 聖金曜日の音楽

一部の曲は以前取り上げていました(→こちら)。録音がまずまず良かったので,曲がダブってしまうのですが入手しました。



igor_markevitch_lso_rimsky-korsakov_scheherazade.jpg
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」,スペイン奇想曲
イーゴリ・マルケヴィチ指揮/ロンドン交響楽団
1962年10月 ロンドン,ウェンブリー・タウン・ホール
482 9378 (P)(C)1964 (C)2019 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

Twitterでフォローしている方がこれは良いとツィートされていましたので聴きたくなり入手しました。輸入元情報ではマルケヴィッチの最高の演奏とありました。CDケース裏には,シェエラザードはFIRST CD RELEASE ON DECCAとありました。



pierre_monteux_lso_brahms_symphony_no2_1962.jpg
ブラームス:交響曲第2番,悲劇的序曲,大学祝典序曲
ピエール・モントゥー指揮/ロンドン交響楽団
録音 1962年11月 ロンドン
480 8911 (P)(C)1965 (C)2016 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ベートーヴェンの交響曲全集が良かったのでブラームスも聴いてみたいと思い,まずはこれを選びました。



zubin_mehta_vpo_schumann_the_four_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
ズービン・メータ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 1976, 80, 81年 Sofiensaal, Vienna, Austria
476 9771 (P)1977,81,83 (C)2007 Universal Music Australia (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

第1番と第4番はアナログ録音,第2番と第3番はデジタル録音ということで,アナログ完成期とデジタル黎明期の過渡期の録音。まだ若いメータがウィーン・フィルとどのような演奏を展開しているのか,大変興味深いです。



christoph_eschenbach_bamberger_symphoniker_schumann_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
クリストフ・エッシェンバッハ指揮/バンベルク交響楽団
録音 1990,1991年
TOCE-16124-25 (P)2001 EMIミュージックジャパン (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

エッシェンバッハは1998,99年に北ドイツ放送交響楽団とも全集を録音しているそうですが,これはその約10年前の録音。



david_zinman_tonhalle_orchestra_zurich_schumann_symphonies_1-4.jpg
シューマン:交響曲全集
デヴィッド・ジンマン指揮/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
録音 2003年10月13-17日 チューリヒ,トーンハレ
Arte Nova 82876 57743-2 (P)2003 (C)2004 BMG Ariola Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ピリオド様式の演奏。録音が良いとの評判もあり聴くのが楽しみです。



james_levine_philadelphia_orchestra_schumann_the_4_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
ジェームズ・レヴァイン指揮/フィラデルフィア管弦楽団
録音 1977-78年 フィラデルフィア,スコティッシュ・ライト・カテドラル
88697771362 (P)1981 (C)2010 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

先日1987年と1990年にベルリン・フィルと録音された全集を取り上げましたがこちらはその約10年前に録音されたフィラデルフィア管弦楽団との全集です。レヴァインがまだ33,4歳の時の録音とのことです。すでに廃盤でやや入手しづらいようです。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->