FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団) ※2016年最新リマスター音源使用

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_1_5.jpg
ベートーヴェン:交響曲第1番,第5番「運命」
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
23-26 June 1972, 20-23 December 1971, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13443 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_2_4.jpg
ベートーヴェン:交響曲第2番,第4番
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
15-20 December 1972 & 27-30 April 1973, 16-19 April 1973, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13444 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_3_etc.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」,「プロメテウスの創造物」序曲,「エグモント」序曲
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
23-26 June 1972, 20-23 December 1971, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13445 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_6_etc.jpg
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」,「レオノーレ」序曲第3番
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
23-26 June 1972, 20-23 December 1971, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13446 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_7_8.jpg
ベートーヴェン:交響曲第7番,第8番
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
20-23 December 1971, 15-20 December 1972, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13447 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

rudolf_kempe_munich_philharmonic_beethoven_symphonies_9.jpg
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」
ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
31 May - 4 June 1973, Bürgerbräukeller, Munich
Warner Classics WPCS-13448 (P)1974 (C)2016 Parlophone Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

この全集については2011年に全集ボックスを取り上げていました(→こちら)。提示部の慣習的なリピート省略が残念ではあるものの質実剛健な正統的演奏で気に入っていました。2016年の最新リマスター音源使用ということで,発売当時購入しそびれていましたが,今になって聴いてみたくなり,購入しました。

で,その音質ですが,一聴してわかる改善がありました。音の密度というか情報量というか,あくまで感覚的な話ですが,そういったところが良くなっていることと,音色の癖と刺々しさが少し緩和されているという点で,従来盤に対してアドバンテージがあるかなと思います。

この名盤がわずかでも良い状態で聴けるというのは有り難いことですね。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->