FC2ブログ

ホルスト:組曲「惑星」(アンドレ・プレヴィン指揮/ロンドン交響楽団)

andre_previn_lso_holst_the_planets.jpg
ホルスト:組曲「惑星」
アンドレ・プレヴィン指揮/ロンドン交響楽団
28 & 29 September 1973 at the Kingsway Hall, London
HIQXRCD3 (P)1974 EMI Records (C)2012 Teddington Media (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

最近MQA-CD×UHQCDバージョンが発売されたので入手しようかと思って調べてみたところ,以前XRCDで発売されていたことがわかり,おそらくこの方が音質的に私の好みに合いそうだったのでこちらを入手しました。ということで今回は録音についてのみコメントします。

まず,EMI録音という先入観から感じてしまうのかもしれませんが,かなり音が硬くて音の伸びが今ひとつという感じがします。こういう曲なので,音をシャープに整えているようなのですが,暗く鈍く光る金属の質感のイメージです。XRCDのマスタリング?の効果なのか,中低域の充実感はすごくあって,全体にかなりいい線にいっているように思うのですが,好録音とは少し違うように思いましたので,四つ星です。

やっぱりEMI録音なのかな...と思ってしまいます。惜しいです。

【追記】
いつも参考にさせていただいているClassical CD Information & Reviewsの加藤さんからTwitterで,同録音に関しては「タワーレコード・ディフィニション・シリーズのSACDの音が非常に良い」とコメントをいただきました。有り難うございました。(→Tower Records)

この盤,全く見逃していました。聴いてみたいですが,さすがに買い直すのは辛いです...

タグ: [管弦楽曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->