FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」,R. シュトラウス:メタモルフォーゼン(エサ=ペッカ・サロネン指揮/シンフォニア・グランジュ・オ・ラック)

salonen_beethoven_3_r_strauss_metamorphosen.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
R. シュトラウス:メタモルフォーゼン
エサ=ペッカ・サロネン指揮/シンフォニア・グランジュ・オ・ラック
2018年7月 フランス,エヴィアン,ラ・グランジュ・オ・ラック
ALPHA 544 (P)(C)2019 ALPHA CLASSICS (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

好録音が多いという印象のαレーベルの新譜をApple Musicで聴きました。輸入元情報によると,毎年夏にフランスのエヴィアンで開催される「ランコントル・ミュジカル・デヴィアン」という音楽祭の2018年のライヴで,音楽祭の終盤に,ヨーロッパ各地の有名オーケストラから優秀な奏者を集めて結成されたオーケストラの結成コンサート,とのことです。「シンフォニア・グランジュ・オ・ラック」は音楽祭が行われたホールの名称から取っているようです。

ベートーヴェンの「英雄」は推進力があり,優秀なアンサンブルで快速で引き締まった音楽に仕上がっていて良いと思いました。唯一,なんで第1楽章の提示部のリピートを省略してるんだ!と思ってしまいましたが。(メタモルフォーゼンは今ひとつ苦手な曲なので未聴(^^;)

録音ですが,ややホール音響の取り込みが多めで,楽器音に被って音色を濁しがちです。また残響によって明瞭感も少し損なっています。もう少し直接音比率を上げてスッキリと見通しよく録って欲しかったところです。こういうキチッと統制の取れた演奏は克明に聴き取りたいと思うのです。悪くはないのですが,好録音というにはちょっと物足りませんでした。惜しいです。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->