FC2ブログ

R. シュトラウス:チェロ・ソナタ,交響詩「ドン・キホーテ」,他(ダニエル・ミュラー=ショット Vc/ヘルベルト・シェフ Piano/アンドルー・デイヴィス指揮/メルボルン交響楽団)

muller-schott_r_strauss.jpg
R. シュトラウス:チェロ・ソナタヘ長調作品6
R. シュトラウス:献呈作品10-1,愛を抱いて作品32-1(チェロとピアノ編)
R. シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」作品35
ダニエル・ミュラー=ショット Daniel Muller-Schott (Cello)
ヘルベルト・シェフ Herbert Schuch (Piano)
アンドルー・デイヴィス指揮/メルボルン交響楽団
2019年1月17日 ドイツ放送室内楽ホール,2017年6月21-26日 メルボルン,アーツ・センター,ハマー・ホール
C968191 (P)2019 Orfeo (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

Twitterで録音が良いとご紹介いただいたディスクです。有り難うございます。Apple Musicで早速聴いてみました。私の中では,ミュラー=ショットはケラスと並ぶ二大超美音チェリスト(^^;として好きなので,楽しみに聴かせていただきました。

このディスクにはチェロ・ソナタとチェロ協奏曲が収録されていますが,録音としては特にチェロ・ソナタの方が,深々と響く低音域から美しい高音域でとても綺麗に捉えられていて,ミュラー=ショットの美音を堪能することが出来ました。

チェロ協奏曲の方は拍手の入るライヴ録音で,脚色のほとんどない自然さが魅力の録音で,こちらも同様にチェロの音色を存分に楽しめる録音ではあったのですが,欲を言えば,もう少し寄って生々しさを強めに出ていたらなぁと思いました。

いずれにしてもチェロの音色を堪能できる好録音であることに間違いないと思いました。ご紹介に感謝!

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->