ストラディヴァリウス

モーストリー・クラシック誌vol.155 2010年4月号は「人類の遺産 ストラディヴァリウス」という特集でしたので,普段は買わないのですが興味をそそられたので買ってみました。まだ読めていません。

私はストラディヴァリウスには興味がありますが,どちらかといえば見方は醒めています。

ストラディヴァリウスというのは書籍:弦楽器のしくみとメンテナンス[マイスターのQ&A]で著者の佐々木さんが述べられているように秘密などはなく,木材の経年変化のアドバンテージを持つ丁寧に造られた単なる素晴らしい楽器である,という見解が的を射ているのではないかと思っています。たとえば,現代に製作された優れた楽器と比較したとき,そのアドバンテージは木材の経年変化による振動特性の違いくらいじゃないかと思う,ということです。

私はCDやコンサートでヴァイオリンの音色を聴いて「この人はいい音を出すなぁ」と思うことはあっても「この楽器はいい音がするなぁ」と思ったことはありません。個々の楽器に当然音色の違いはあっても,聴き手側に届く印象としての音色の99%はその人固有の音ではないかと。音の違いは実際には聴き手にはなかなか伝わらないと思うのです。「良い音」というのは個々の人によっても違いますし。

それではなぜここまでストラディヴァリウスがもてはやされるのか,これはきっと演奏家の立場でなければ理解できないんだろうなと想像しています。楽器の違いは演奏を傍で聴いている人に比べて演奏している人はその何十倍,何百倍も差を感じているはずです。弦楽器の経験のある方ならこの感覚はわかると思います。そして自分のアクションに対する楽器からのフィードバックを感じて,「この反応ならこんな表現も可能だ」とイマジネーションが広がっていく,つまり,音が変わるのではなくて音楽表現そのものが変わる,というのがストラディヴァリウスの本質ではないかと思うのです。なので,相性や,それを活かせる人,活かせない人が出てくる。

何かの本で,ストラディヴァリウスと他の楽器の厳密な聴き比べをやって有意な差が出なかったという実験結果を読んだ気がしますが,私からすると,そんなことやっても全く無意味,そもそも実験のやり方,観点がずれている思います。いや,ストラディヴァリウスの良さはそんなところにあるのではないということが証明されたということで,とても有意義なテストであったと言えるかもしれませんね。

と,日頃思っていることをとりとめもなく書いてしまいました。お付き合い有り難うございました。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する