FC2ブログ

■購入ディスクメモ(2019年11月) その1

最近購入したディスクのメモです。



herbert_von_karajan_bpo_bruckner_symphony_no8_schumann_symphony_no4.jpg
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調
シューマン:交響曲第4番ニ短調作品120
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1988年11月,1987年5月 ウィーン,ムジークフェライン
UCCG-4737/8 (P)1989/1990 Deutsche Grammophon (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ブルックナーの交響曲はどちらかというと苦手な部類であまり聴きません。ですが,時々聴きたくなることがあります。今更という気がしたのですが,今回は第8番をカラヤン晩年のウィーン・フィルとの演奏で。



miro_quartet_beethoven_complete_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集
ミロ・クァルテット Miró Quartet
2004å¹´-2019å¹´
PTC 5186 827 (P)2019 Pentatone Music (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ミロ・クァルテットのベートーヴェンは,作品18と作品59が既発売でレビューしていました(→こちら)。その後ずっと続きを待っていたのですが,またいきなり全集化かよ!と思ったら,実はMiro Quartet Mediaという自主レーベルで少しずつ発売されていたようです。完全に見逃していました。今まで聴いてきたものが大変よかったので,これも楽しみです。



guarneri_quartet_1960s_beethoven_complete_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集
グァルネリ四重奏団 Guarneri Quartet
1966年11月-1969年12月 ニューヨーク,ウェブスター・ホール
19075971162 (P)2003 (C)2019 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

グァルネリ四重奏団は1964年結成,2001年まで同じメンバーで活躍したとのことで,同一メンバーによる弦楽四重奏演奏の記録保持者でもあるということです。この全集は結成から数年後に録音された1回目の全集です(1987-1991年にPHILIPSレーベルに2回目の全集録音)。

で,あぁ,これ実は2003年に発売されたものを持ってたんだった...またやっちゃいました。



uto_uthi_beethoven_complete_violin_sonatas.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集
ウート・ウーギ Uto Ughi (Violin)
ラマール・クラウソン Lamar Crowson (Piano)
録音 1978年
19075956262 (P)(C)2019 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

イタリアを代表するヴァイオリニスト,ウート・ウーギによる全集。当初の発売はイタリア・リコルディで,今回初CD化とのことです。



mario_brunello_vc_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲(チェロ版)
マリオ・ブルネロ Mario Brunello (Cello)
2018年10月1-3, 20-22日 イタリア,カステルフランコ・ヴェネト,パルコ・ボラスコ荘祝宴ホール
ARCANA A469 (P)(C)2019 Outhere Music France (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。チェロによる演奏。ブルネロは無伴奏チェロ組曲を1993年と2009年に録音していて取り上げていました(→1回目,2回目)。今回は無伴奏ヴァイオリンです。

チェロによる演奏というと,全曲盤ではヴィト・パテルノステル,ノルベルト・ヒルガー,マルック・ルオラヤン=ミッコラ,ターニャ・アニシモワの4種類を聴いたことがあります。これはどんな演奏を聴かせていただけるのか,大変楽しみです。



francesco_galligioni_1_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番,第2番,第3番
フランチェスコ・ガッリジョーニ Francesco Galligioni (Cello)
2018年10月8-10日 イタリア,ニゴリネ,サンテウフェーミア教会
FB1904783 (P)(C)2019 fra bernardo (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。バロックチェロによる演奏。輸入元情報によると,フランチェスコ・ガッリジョーニは「パドヴァのC.ポッリーニ音楽院で学んだあとバロック・チェロやヴィオラ・ダ・ガンバも専門的に学び,ヴェニス・バロック・オーケストラの創設メンバーとしてジュリアーノ・カルミニョーラらと多くの演奏・録音に参加」とのことです。第1集とのことですので,全集化されるようです。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->