FC2ブログ

■購入ディスクメモ(2019年11月) その2

最近購入したディスクのメモです。



herbert_blomstedt_gewandhausorchester_beethoven_symphonies_6_6_7_9.jpg
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」,第6番「田園」,第7番,第9番「合唱」
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/ゲヴァントハウス管弦楽団
収録 2015, 2016年 ライプツィヒ,ゲヴァントハウス・コンサートホール
ACC 60479 accentus music (輸入盤) (*Blu-ray)
参考: Tower Records,HMV Onlineicon
交響曲の他に,イザベル・ファウスト(Vn),ジャン=ギアン・ケラス(Vc),マルティン・ヘルムヒェン(P)がソリストを務める三重協奏曲が収録されています。以前に単売されていたBlu-rayディスク3枚を単に外箱を付けてまとめただけのセットのようです。

同顔合わせのベートーヴェン交響曲全集は以前取り上げていました(→こちら)。ちゃんと確認せずに入手してしまったのですが,演奏自体はどうもこれと同じもののような気がします... 音声のマスタリングに差があるのかどうかは確認しておこうと思います。



paavo_jarvi_the_deutsche_kammerphilharmonie_bremen_brahms_complete_symphonies.jpg
ブラームス:交響曲全集
パーヴォ・ヤルヴィ指揮/ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
2018年4月, 5月 パリ,シャンゼリゼ劇場
735004 (P)(C)2019 C Major Entertainment (輸入盤) (*Blu-rayディスク)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

パーヴォ・ヤルヴィ/ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンのブラームスの交響曲のディスクはすでに一度発売されています(第1番,第2番,第3番,第4番)。これは2018年にパリ,シャンゼリゼ劇場で行われたコンサートのライヴ収録盤で異なるものです。また,「ザ・ブラームス・コード」と題されたドキュメンタリーも収録されており,英独韓日の字幕が入っているとのことで,こちらも楽しみです。

Blu-rayとDVD,輸入盤と国内流通仕様盤の計4種類が出ています。



vladimir_jurowski_lpo_tchaikovsky_complete_symphonies.jpg
チャイコフスキー:交響曲全集,他
ウラディーミル・ユロフスキ指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 2004~2016年
LPO-0101 (P)2017 London Philharmonic Orchestra
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ユロフスキ/ロンドン・フィルのチャイコフスキーは,第1番,第6番,第4番,第5番,マンフレッド交響曲を今まで取り上げてきています。第2番,第3番は新録音,フランチェスカ・ダ・リミニ,弦楽セレナーデは単独リリースがないとのことで,ほぼ弦楽セレナーデ聴きたさで入手したようなものです(^^;。



claudio_abbado_vpo_lso_tchaikovsky_symphonies_4_5_6.jpg
チャイコフスキー:交響曲第4番,第5番,第6番「悲愴」,ロメオとジュリエット
クラウディオ・アバド指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ロンドン交響楽団/ボストン交響楽団

録音 1970-1975年
PROC-1137/9 (P)1971, 1972, 1974, 1976 Deutsche Grammophon (国内盤)
参考: Tower Records ※タワーレコード企画盤

タワーレコードの企画盤。アバドのこういう録音があることを知りませんでした。



roustem_saitkoulov_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集作品10, 25
ルステム・サイトクロフ Roustem Saïtkoulov (Piano)
Salle Gaveau, Paris, 14-II-2008
VOC7524 (P)2008 (輸入盤)
参考: Amazon Music,Apple Music

とある中古店で見つけた盤。ライヴ録音とのこと。確かに最後に拍手が入っています。ルステム・サイトクロフはロシア出身のピアニストのようですが,情報があまりなくよくわかりません。



thomas_zehetmair_2016_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
トーマス・ツェートマイアー Thomas Zehetmair (Violin)
2016年8月23-27日 オーストリア,聖ゲロルド教会
ECM 2551/52 (P)(C)2019 ECM Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

蒐集盤。バロック・ヴァイオリンでの演奏。ツェートマイアーは1982年に1度録音していますので(→こちら),これが2度目の録音です。これが2016年の録音ですので実に34年ぶり! 前の演奏が変態的(?!)だが癖になる素晴らしいものでしたので,今回の演奏がどのようなものか,興味津々です。



emmanuelle_bertrand_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
エマニュエル・ベルトラン Emmanuelle Bertrand (Cello)
2018年2, 3月 ノートル=ダム・ド・ボン・スクール教会
HMM 902293, 94 (P)2019 harmonia mundi musique (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。バロック・チェロでの演奏。ベルトランはフランスのチェロ奏者。私は知らなかったのですが,ハルモニア・ムンディから多数のディスクをリリースされているようです。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->