FC2ブログ

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲,懐かしい土地の想い出(ステファニー・マリー・デガン Vn/ヴァハン・マルディロシアン指揮/カーン管弦楽団)

stephanie-marie_degand_tchaikovsky_violin_concerto.jpg
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35
チャイコフスキー:懐かしい土地の想い出作品42(*)
ステファニー・マリー・デガン Stéphanie-Marie Degand (Violin)
ヴァハン・マルディロシアン指揮/カーン管弦楽団
ヴァハン・マルディロシアン Vahan Mardirossian (Piano)(*)
June 21 2012 in Caen / August 2012 in Auditorium Jean Pierre Dautel
Vade-Mecum VM-MM16-04 (P)(C)2019 Maestria Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ステファニー・マリー・デガンはフランス,ノルマンディーのカーン出身ヴァイオリニスト。協奏曲は拍手の入るライヴ録音。ライヴということもあってかもう少し安定感が欲しいと思うところは散見されるのと,もう少し技術的なキレと推進力があればと思うところはありますが,概ね満足できる出来かと思います。

録音ですが,ソロとオーケストラのバランスからいうと,少しソロが小さめでフォルテではソロが聴こえづらくなることがあります。協奏曲の録音としてはもう少しソロにフォーカスしていても良いのではないかと思います。一方オーケストラの方は少し残響が多めなのですが,その残響がふわっと自然に広がり空間を感じさせるものになっていて,また,楽器音への被りが少なく音色への影響も少ないので好感が持てました。このようなオーケストラ録音なら残響も許せますし良いのではないかと思います。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->