FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲第七番(クーベリック/バイエルン放送交響楽団)

cover picture

ベートーヴェン:交響曲第七番 イ長調 作品92
ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
ラファエル・クーベリック(Rafael Kubelik)(Conductor)
バイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)
1970年3月31日~4月1日(Beethoven),1970年(Weber),ミュンヘン,ヘルクレス・ザール
ORG 1007 ※音楽之友社 レコード芸術企画盤 (国内盤)
好録音度:★★★★☆

レコード芸術誌の企画盤「レコード芸術 名盤コレクション 蘇る巨匠たち」(ドイツ・グラモフォン原盤)です。

オーケストラの録音に関して,「好録音」の観点ではなかなか満足できるものに巡り会えません。そんな中で,「これはいい!」と思える数少ない「好録音」の一つです。各楽器が直接音主体に明瞭に分離良く聴こえてきます。残響も控えめで必要最低限に抑えられ,楽器音をほとんど濁していません。クリアで見通しの良い録音です。マルチマイクによる録音だと想像しますが,その良さが活かされていると思います。最近の新譜でこのようなタイプの録音にお目にかかることが滅多にないのですが,その良さを見直して欲しいものです。

演奏は至極スタンダードな佳演です。特徴ある演奏が多数出てきている昨今においても輝きを失っていませんし,スタンダードであるが故に何度聴いても色褪せず飽きることもありません。このような素晴らしい演奏が「好録音」で残されたことに感謝です。

LP時代に最初に買ったベートーヴェン第七番が確かこの演奏で,レコード芸術誌の企画盤として出たときに「これだ!」と思って飛びついた記憶があります。入手できて幸運でした。この録音のすぐ後に録音された9つのオーケストラとの全集の第七番(オーケストラはウィーン・フィル)も聴いてみましたが,こちらの方が気に入っています。現役盤があるのかどうか把握出来ていないのですが,もしないならぜひ復刻して欲しいところです。

■ この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.02.16 at 21:18 # [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->