FC2ブログ

■購入ディスクメモ(2020年6月) その2

最近購入したディスクのメモです。



herbert_blomstedt_staatskapelle_dresden_dvorak_symphony_no8.jpg
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
モーツァルト:ディベルティメントK.136-138, アダージョとフーガK.546
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/シュターツカペレ・ドレスデン
1974, 1976, 1977å¹´ Dresden, LukasKirche
0301557BC (P)(C)2020 Edel Germany (輸入盤)
参考: Tower Records *Berlin Classics × TOWER RECORDS

タワーレコード企画盤。2020年最新マスタリング音源使用。ドヴォルザークは名演奏・名録音として知られているとのことです。モーツァルトの方は逆にあまり知られていないとのことで,2枚のアルバムが収録されています。

ドヴォルザークの交響曲第8番は愛聴曲ですが,モーツァルトのディベルティメントも大好きな曲なので楽しみです。



bernard_haitink_concertgebouw_orchestra_amsterdam_tchaikovsky_complete_xymphonies.jpg
チャイコフスキー:交響曲全集 (7 CDs)
ベルナルト・ハイティンク指揮/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
1961-1979年 アムステルダム,コンセルトヘボウ
PROC-1278/84 Decca Music Group (国内盤)
参考: Tower Records *Tower Records Vintage Collection +plus Vol.16

タワーレコード企画盤。収録曲は下記の通りです。

交響曲第1番~第6番(1974-1979年)
マンフレッド交響曲(1979年)
交響曲第4番(1969年) ※初CD化
交響曲第6番(1970年) ※初CD化
スラヴ行進曲 作品31(1972年)
幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」作品32(1972年)
イタリア奇想曲 作品45(1961年)
大序曲「1812年」作品49(1972年)
序曲「嵐」作品76(1977年)
幻想序曲「ロメオとジュリエット」(1964年)

アナログ末期のPHILIPS録音ということで録音にもちょっと期待しています。



john_storgards_bbc_philharmonic_sibelius_complete_symphonies.jpg
シベリウス:交響曲全集
ヨン・ストゥールゴールズ指揮/BBCフィルハーモニック
2012年10月-2013年12月 イギリス,サルフォード,メディアシティUK
CHAN 10809 (P)(C)2014 Chandos Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ヨン・ストゥールゴールズはフィンランドの指揮者。この全集に収録されている3つのフラグメントについて,輸入元情報によると「1945年に作曲者自身の手により焼却されたため,謎に包まれたままとなっているシベリウスの『交響曲第8番』。ヘルシンキ大学の図書館で発見され,『交響曲第8番』のためと考えられているスケッチから復元が行われた『3つのフラグメント』」とあります。合計3分弱のようですが,どのような音楽なのか興味が湧きます。



thomas_dausgaard_sco_brahms_symphony_no4_am.jpg
ブラームス:交響曲第4番,ハンガリー舞曲より9曲,悲劇的序曲
トーマス・ダウスゴー指揮/スウェーデン室内管弦楽団
2018年4月,9月スウェーデン,エレブルー・コンサートホール
BIS-2383 SACD (P)(C)2020 BIS Records (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

第1番から第3番まで既発売で,以前レビューしていました(→こちら)。これで全集として完結しました。ここまで特徴のある面白い演奏だったので楽しみです。



roger_norrington_rsos_swr_dvorak_symphonies_7_8.jpg
ドヴォルザーク:交響曲第7番,第8番
ロジャー・ノリントン指揮/SWRシュトゥットガルト放送交響楽団
2010年4月20,24日, 9月30日 シュトゥットガルト,リーダーハレ,ベートーヴェンザール
SWR19511CD (P)2010 SWR Media Services (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

最近同顔合わせのベートーヴェン交響曲全集やシューマン交響曲全集などを入手していましたが,良さそうだったので愛聴曲のドヴォルザーク交響曲第8番のディスクも入手してみました。



quatuor_parker_beethoven_string_quartets_no_10_6_8.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第6番,第8番「ラズモフスキー第2番」,第10番「ハープ」
パーカー四重奏団 Quatuor Parker
2019年3月18-20日 モナコ,ヤコフ・クライツベルク・ホール
PRI032 Printemps Des Arts de Monte-Carlo(輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

このディスクもベートーヴェン生誕250周年を記念して録音されたとのことで,シグヌム四重奏団と同時期に同じ会場で録音されています。パーカー四重奏団はアメリカの弦楽四重奏団で,2005年ボルドー室内楽国際コンクール優勝,2005年コンサート・アーティスト・ギルド・コンペティション1位などの受賞歴があるとのことです。第2ヴァイオリンは日本人の濱尾健です(おそらくジャケ写の右端)。



quatuor_signum_beethoven_string_quartets_no_13.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番作品130,大フーガ作品133
シグヌム四重奏団 Quatuor Signum
2019年3月31日-4月2日 モナコ,ヤコフ・クライツベルク・ホール
PRI031 Printemps Des Arts de Monte-Carlo(輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ベートーヴェン生誕250周年を記念して録音されたとのことです。シグヌム四重奏団は「アルバン・ベルク四重奏団,アルテミス四重奏団,メロス四重奏団に学び,数々の国際コンクールでの入賞歴を誇る実力派の弦楽四重奏団」とのことです。終楽章は大フーガが演奏された後,作品130のフィナーレが演奏されています。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->