FC2ブログ

■購入ディスクメモ(2020年8月) その1

最近購入したディスクのメモです。



giovanni_antonini_kammerorchester_basel_beethoven_the_9_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮/バーゼル室内管弦楽団
2004å¹´-2016å¹´
19439737032 (P)(C)2020 Sony Music Entertainment (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

12年をかけて完成された全集。今まで分売で発売されており,実はすでに取り上げていました(→こちらとこちら)。またやってしまいました...(^^;



georg_solti_r_strauss_ein_heldenleben_ein_alpensinfonie_etc.jpg
R. シュトラウス:管弦楽曲集
ゲオルグ・ショルティ指揮/シカゴ交響楽団/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/バイエルン放送交響楽団
1972å¹´-1979å¹´
PROC-2292/3 (P)(C)2020 Universal Music (国内盤)
参考: Tower Records *Tower Records Vintage SA-CD Collection Vol.24

タワーレコード企画盤。収録曲は下記の通りです。

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30 (1975年) (*)
交響詩「英雄の生涯」作品40 (1977,78年) (**)
アルプス交響曲 作品64 (1979年) (***)
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」作品28 (1975年) (*)
交響詩「ドン・ファン」作品20 (1972年) (*)

(*)シカゴ交響楽団
(**)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(***)バイエルン放送交響楽団

同じ収録曲でDECCAから発売されていたディスクを以前取り上げていました(→こちら)。

「本国のオリジナル・アナログ・マスターより2020年最新リマスタリング」とのことで,愛聴盤なのでこれは聴くしかないと思い入手しました。



vasily_petrenko_oslo_po_rimsky-korsakov_scheherazade.jpg
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35,他
ワシリー・ペトレンコ指揮/オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
25-29 May 2019 Oslo Concert Hall
LWC1198 (P)(C)2020 Lawo Classics (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

シェエラザードの他に,スペイン奇想曲作品34,ロシア復活祭序曲作品36が収録されています。Apple Musicで試聴して録音が好みのようだったので入手しました。



toshio_yanagisawa_balkan_co_tchaikovsky_dvorak_serenades.jpg
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調 作品22
柳澤寿男指揮/バルカン室内管弦楽団
2019年5月13-15日 長野県 軽井沢 大賀ホール
audite 20.045 (P)(C)2020 Ludger Böckenhoff (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

指揮者の柳澤寿男氏の公式Webサイトがあります。そこにバルカン室内管弦楽団について「日本人指揮者柳澤寿男が2007年にバルカン半島の民族共栄を願って設立したオーケストラ。」と説明されています。旧ユーゴスラヴィアという複雑な土地でどのような思いでこの室内管弦楽団を設立されたのか,私には本当のところを理解することは正直難しいのですが,まぁそういうことはさておき,この大好きな2曲を楽しみたいと思います。



atef_halim_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
アテフ・ハリム Atef Halim (Violin)
2020年1月15-16日,3月24-26日 笠懸野文化ホールPAL
AAA-010-011 (P)(C)2020 A&A art (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

蒐集盤。アテフ・ハリムは父がエジプト人,母がフランス人,1993年より日本を活動の拠点としているヴァイオリニスト。録音およびマスタリングを音楽家でオーディオ評論家でもある生方三郎氏が担当しているというのも興味深いです。



maja_weber_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
マヤ・ウェーバー Maja Weber (Cello)
27-28 June & 1, 2, 8, 9 July 2019, Reformierte Kirche Marthalen, Switzerland
PROSP 0001 (P)(C)2019 Martin Korn Music Production (輸入盤)
参考: Tower Records,amazon music,HMV Onlineicon,Apple Music

蒐集盤。マヤ・ウェーバーはスイスのチェリストで,ストラディヴァリウス・カルテットのメンバー。使用楽器は1717年製「ボナミィ・ドブレー・スッジア」で,この楽器の貸与期間が1999年から2019年までの20年間,その最後の年に録音されたとのことです。



nmaurice_gendron_tr_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
モーリス・ジャンドロン Maurice Gendron (Cello)
1964年2月8日-12日 フランス
PROC-2294/5 (P)1964 (C)2020 Universal Music (国内盤)
参考: Tower Records *Tower Records Vintage SA-CD Collection Vol.24

蒐集盤。ジャンドロンの演奏は2003年にCD試聴記で取り上げていました(→こちら)。タワーレコード企画盤で2020年の最新リマスタリングとのことなので聴いてみることにしました。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->