FC2ブログ

チャイコフスキー,ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ(コリン・デイヴィス指揮/バイエルン放送交響楽団)

colin_davis_sobr_tchaikovsky_dvorak_serenade_for_strings.jpg
チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 作品48
ドヴォルザーク:弦楽セレナード ホ長調 作品22
コリン・デイヴィス指揮/バイエルン放送交響楽団
1970年9月 ロンドン
PROC-1348 (P)1988 Decca Music Group (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records *Tower Records Vintage Collection +plus The Art of Sir Colin Davis

タワーレコード企画盤。これも定評のある演奏だと思います。大オーケストラによる豊潤なサウンドが魅力です。演奏はどちらかといえばゆったりと優しく柔らかいのが特徴です。

録音ですが,残響が多くやや遠くで鳴っている印象で,シルクのような質感がある一方,音の輪郭がモヤッとしていて明瞭感に乏しいです。こういう録音が好みの方もいらっしゃるとは思いますが,私の好みからはだいぶ離れている感じです。

なお,下記の曲がカップリングとして収録されています。初CD化とのことです。

ニコライ:歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲 K.620
(以上,BBC交響楽団)

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->