FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(ジョヴァンニ・アントニーニ指揮/バーゼル室内管弦楽団)

giovanni_antonini_kammerorchester_basel_beethoven_the_9_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮/バーゼル室内管弦楽団
2004å¹´-2016å¹´
19439737032 (P)(C)2020 Sony Music Entertainment (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

12年をかけて完成された全集。今まで分売で発売されており,実はすでに取り上げていました(→こちらとこちら)。またやっちまいました...

で,せっかく買ったので聴き直しました。演奏の感想自体は以前のレビュー時の印象とさほど変わりません。小編成のピリオド奏法のオーケストラの機動力を活かしたキレの良い推進力・躍動感に富む演奏は痛快です。ピリオド奏法で奏でられる弦楽器の音はちょっと苦手ながら,それを上回る魅力があると思いました。以前はガチャガチャとうるさいと思うところもありましたが,今回聴き直してまぁそんなでもないかな,と思ったのは,こういう演奏にだいぶ慣らされてきたからかもしれません。

録音についても,以前聴いたときには四つ星の評価をしていましたが,今回聴き直しで四つ星半にしました。確かに少し生々しい質感に欠け現実味が薄いと感じられるところはありましたが,残響は控えめで尾を引かずスッと消え,明瞭さと分離感が確保され,見通しの良さもあります。このキレの良い演奏に合った録り方になっているのが良いと思いました。

ということで,イマドキのベートーヴェンの交響曲演奏として,録音も含めなかなかの良い出来で心躍りました。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->