FC2ブログ

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」「ペトルーシュカ」(メータ/ロサンゼルス・フィル)

cover picture

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」
ズービン・メータ指揮(Zubin Mehta)(Conductor)
ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団(Los Angeles Philharmonic Orchestra)
1967年7月(ペトルーシュカ),1969年8月(春の祭典) ロサンゼルス
UCCD-7062(468 762-2) (P)1967,1970 Decca Music Group Ltd. (国内盤)
好録音度:★★★★
参考url: HMV Onlineicon

1960年代後半の録音で,メータがロサンゼルス・フィルの音楽監督を務めていた頃(30代前半!)のものとのことです。ストラヴィンスキーは今までほとんど聴いてこなかったので,今回は録音のみコメントします。

残響はあまりないので明瞭感がありますが,それでも少し響きの影響があるのか,わずかにヌケの悪さを感じます。もう少し弦楽器に寄って艶やかな質感を捉えて欲しいのと,各楽器の分離感がもう少し欲しいかなというところです。とはいえ,これでもまずまずの好録音です。どちらかといえばペトルーシュカの方がスケール感があって良いように思います。

HMV Onlineiconを見ると『こちらのCDは音質に問題がありますが、メーカーによると「制作編成上の不良ではなく、マスターに起因するもの」ということでした。』なんて書いてあります。どういう問題なのか,私にはわかりませんでした。

タグ: [管弦楽曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->