FC2ブログ

モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク,セレナータ・ノットゥルナ,音楽の冗談,他(オルフェウス室内管弦楽団)

orpheus_chamber_orchestra_mozart_eine_kleine_nachtmusik.jpg
モーツァルト:セレナード第13番 ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
モーツァルト:セレナード第6番 ニ長調 K.239「セレナータ・ノットゥルナ」
モーツァルト:音楽の冗談 ヘ長調 K.522
モーツァルト:コントルダンス K.534, K.535, K.587, K.607, K.610
オルフェウス室内管弦楽団 Orpheus Chamber Orchestra
1985年3月, 12月, 1989年12月 ニューヨーク,アメリカン・アカデミー・オブ・アーツ・アンド・レターズ
PROC-1780 (P)1986,1990 Deutsche Grammophon (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records *Tower Records Premium Classics Vol.2

タワーレコード企画盤。指揮者を置かない室内管弦楽団で,颯爽と奏でられる音楽が素晴らしく,それが気に入って主要なディスクは購入していたのですが,このディスクは未入手でした。キレのよい爽やかな演奏が素晴らしく期待通りでした。しかしながら予想はしていたものの音楽の冗談は微妙...上手すぎるし演技が下手でまったく面白くない。もっともこの曲の正解の演奏ってどんなんだろうとは思いますね。

録音ですが,残響はそれなりにあるものの,直接音と間接音のバランスは音を濁すギリギリのところで留まり響きも綺麗であり,弦楽合奏の質感も保たれ魅力がそこそこ感じられて悪くありません。もう少し残響を抑えてクリアに録って欲しいは思いますが。ちょっとオマケですが四つ星半の好録音としました。

オルフェウス室内管弦楽団自体は活動が続いているようですが,最近は録音があまりないのが残念です。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->