FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲第4番,第5番「運命」,第6番「田園」,他(トーマス・アデス指揮/ブリテン・シンフォニア)

thomas_ades_britten_sinfonia_beethoven_symphonies_4-6.jpg
ベートーヴェン:交響曲第4番,第5番「運命」,第6番「田園」,他
トーマス・アデス指揮/ブリテン・シンフォニア
2018, 2019年 バービカン・センター(ロンドン)
SIGCD639 (P)2020 Britten Sinfonia (C)2020 Signum Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

トーマス・アデスはイギリスの作曲家,指揮者,ピアニスト。ベートーヴェンの交響曲全集に向けての第二弾。第一弾はすでに取り上げていましたが(→こちら),演奏もさることながら録音が私の好みに合っていて大変良かったので,この第二弾も大いに期待して入手しました。

演奏に関しては第一弾と同様,オーソドックスかつストレートであり,快速で小気味よくキレがあるのが良いと思います。これは期待通り。

そして録音なのですが...第一弾と比べるとマイク距離が少し遠めになったのか,若干残響という響きの被りが感じられ,雑味が増えています。また音の伸びが今ひとつの感じです。ギリギリ好録音と言える範囲とは思いますが,第一弾が良かっただけに,なんで...と思ってしまいます。

第7番以降,すでに録音されているものと思いますが...第一弾のような録音であることを望みます。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->