FC2ブログ

シベリウス:交響曲第1番,第3番(オーウェイン・アーウェル・ヒューズ指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団)

owain_arwel_hughes_royal_po_sibelius_symphonies_1_3.jpg
シベリウス:交響曲第1番,第3番
オーウェイン・アーウェル・ヒューズ指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
2019年8月5-7日 セント・ジョンス・スミス・スクエア(ロンドン)
RCD 1055 (P)(C)2020 Rubicon Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

オーウェイン・アーウェル・ヒューズは1942年生まれ,ウェールズのカーディフ出身。ボールト,ハイティンク,ケンペらに指揮を学んだとのこと。ロイヤル・フィルとのシベリウス・サイクル第一弾。

大オーケストラで演奏されるスケールの大きな音楽が良いです。第3番はどちらかというとこぢんまりと演奏されることが多いように思いますが,第1番同様のスケール感で演奏されるのもかえって新鮮に聴こえたりします。どことなく漂うおおらかさもこの演奏の魅力になっていると思いました。

録音ですが,若干録音会場の響きが多めに取り入れられていて,楽器音がわずかにくすんでしまっていますが,明瞭感と楽器の質感はそこそこ保たれています。もう少しクリアーでヌケの良い音で録ってくれていれば良かったのですが。惜しいと思います。

録音はあと一歩というというところでしたが,演奏は良かったので,今後のリリースも楽しみに待ちたいと思います。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->