FC2ブログ

シューマン:交響詩全集(準・メルクル指揮/NHK交響楽団)

jun_markl_nhkso_schumann_complete_symphonies.jpg
シューマン:交響曲全集
準・メルクル指揮/NHK交響楽団
2006年7月12-15日 東京,すみだトリフォニーホール
OVCL-00321 (P)(C)2008 Octavia Records (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo(Vol.1)/(Vol.2),Apple Music

録音のせいかもしれませんが,骨太の堂々としたシューマンだなと思いました。こういう演奏のためかオーケストラは少し音が粗めです。昨今のスマートなシューマンとは異なる,どちらかと言えば少し古い世代の演奏に聴こえました。これはこれで聴き応えがあり良かったです。また,埋もれがちな内声を少し強めに出して聴こえるようにしているのも面白いです(ヴィオラの努力が報われている!)。

録音ですが,残響はやや長めで,ややまとわりつきが鬱陶しく感じられることと,フォルテでサウンドの密度が高すぎて混沌とし暑苦しく感じられるところはあるものの,弦楽器がしっかりと聴こえること,やや誇張した音作りで聴きたい楽器の音が聴こえてくることなどから,トータルのイメージとしては悪くありません。もう少しスッキリと録って欲しいとは思いますが。少しオマケですが四つ星半の好録音としました。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->