FC2ブログ

アリアドネの迷宮(アリアンナ・サヴァール)

arianna_savall_le_labyrinthe_dariane.jpg
アリアドネの迷宮
アリアンナ・サヴァール Arianna Savall (Harp)
2018年5月23,24日, 10月2,3日 ベルギー,シャトー・ド・フラウィンヌ
AV9941 (P)(C)2020 Alia Vox (輸入盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

アンティーク・ハープの弾き語り。アリアンナ・サヴァールはスイス・バーゼル出身。父は指揮者のジョルディ・サヴァールとのことです。収録曲は参考に挙げたサイトをご参照ください。解説書の写真を見ると7種類ほどのハープを使い分けているようです。

曲は最も昔の作曲家がGautier De Coinci(1177-1236)で,あとは1500年代から1700年代が多く,作曲者不詳の曲もいくつかありました。名前を聞いたことのある作曲家はモンテベルディくらいでした。中世的なほの暗い神秘的な雰囲気がアルバム通して漂います。

録音ですが,残響感はわずかにあってこの神秘的な印象をより深くする効果を持っていますが,基本的には直接音主体にこれらハープの音色を素直に明瞭に,雑味のない透明感のある音で捉えています。音の立ち上がり,粒立ちも申し分なく,7種類のハープの音色を楽しむのにふさわしい録音になっています。オーディオ品質も良好です。ほぼ欠点のない好録音です。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->