FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲第7番,バレエ音楽「プロメテウスの創造物」全曲(ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ指揮/フライブルク・バロック・オーケストラ)

gottfried_von_der_goltz_freiburger_barockorchester_beethoven_symphony_7.jpg
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」作品43 全曲
ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ指揮/フライブルク・バロック・オーケストラ
2020年2月, 6月 テルデックス・スタジオ・ベルリン
HMM 902446.47 (P)2021 harmonia mundi musique (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ハルモニア・ムンディのベートーヴェン・シリーズの新譜。ピリオド楽器による演奏にもだいぶ耳が慣れてきたのか,いろんなチャレンジが一段落して成熟してきたのか,特異に聴こえることが少なくなり,これも普通に出来の良い演奏という印象でした。編成の規模は中規模と思われるため,管楽器に比べて弦楽器がやや弱いのが難点ですが,これはまあ仕方がないことですね。

録音ですが,残響が多めで中低域の響きがやや多めのため,フォルテになると中高域への被りがだいぶ気になります。また,中高域の録り方がやや癖のある音色のためか,特にフォルテで混沌とした響きになる中,癖のある中高域の刺激的な音が目立つため,響きがちょっと汚く聴こえます。そんなに悪くはないとは思うものの,もう少し綺麗に聴こえるように録って欲しかったです。

録音という点では,全体にフォルテが少ない分,同じ録音でもプロメテウスの創造物の方が良く聴こえました。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->