FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(マレク・ヤノフスキ指揮/ケルンWDR交響楽団)

marek_janowski_wdr_so_beethoven_complete_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
マレク・ヤノフスキ指揮/ケルンWDR交響楽団
2018年-2019年 ケルン・フィルハーモニー
PTC 5186860 (C)2020 PENTATONE MUSIC (輸入盤)
好録音度:★★★★☆,★★★★(第9番)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

第5番「運命」,第6番「田園」は既出でほぼ1年半前にレビューしていました(→こちら)。速めのテンポで躍動感があり,引き締まっています。そして全く癖がなくすんなりと耳になじむ表現。モダンオーケストラによる今どきの演奏を極めている感があります。印象が残りにくい面はあるものの,私にとってはある意味理想的と思える演奏でした。良かったです。

録音ですが,やや残響が多めではあるものの,中低域の響きが締まっており,音のキレが良いため,音色や明瞭感への影響は少なめで印象は悪くありません。残響の影響で高域が少し曇り気味でモゴモゴした感じがあるのは少し残念です。第7番,第8番は残響がもう少し多め,第9番はさらに多くなって私の許容範囲を少し越えています。第6番までの録り方であれば良かったのですが少々残念です。残響が許せる方なら問題ないかもしれません。

ケルンWDR交響楽団は2017年-2018年にユッカ=ペッカ・サラステ指揮で同じベートーヴェンの交響曲全集を完成させていたので(→レビュー記事),短期間に連続して2つの全集をリリースしたことになりますね。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->