FC2ブログ

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第10番「ハープ」,第14番(クァルテット・エクセルシオ)

quartet_excelsior_beethoven_string_quartets_no10_14.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第10番「ハープ」,第14番
クァルテット・エクセルシオ Quartet Excelsior
2019年12月18,19日 武蔵ホール(埼玉)
Live Notes WWCC-7939 (P)2021 NAMI RECORDS (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

第12番,第16番,第7番~第9番「ラズモフスキー四重奏曲」,第1番~第6番,第11番「セリオーソ」,第15番に続くベートーヴェン・シリーズの第五弾。

ここに来て第2ヴァイオリンが交代されたとのことですが,今までの演奏と変わりないクオリティの高さ,完成度を達成していると思いました。個性的な演奏ではありませんが,日本人らしい(という言い方はあまり良くないかもしれませんが)生真面目さ,素直さ,そして技術力の高さが,曲の持つ本来的な美しさを最大限に引き出しているように思いました。

録音についてもこれまでと同様で,やや残響が多めに取り入れられ,楽器音に被って音色をくすませています。改善されることを望みましたが,許容範囲内ではあるので,まあここまで来たらこの録音で統一というのも全集としては良いかもしれません。

全集としては,いよいよ第13番と大フーガを残すのみとなりました。楽しみに待ちたいと思います。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->