FC2ブログ

ハイドン:ロンドン交響曲集(レナード・スラトキン指揮/フィルハーモニア管弦楽団)

leonard_slatkin_philharmonia_o_haydn_12_london_symphonies.jpg
ハイドン:ロンドン交響曲集
レナード・スラトキン指揮/フィルハーモニア管弦楽団
1993-1994å¹´ Abbey Road Studio No. 1, Blackheath Halls
88985465502 (P)(C)2017 Sony Music Entertainment (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

スラトキンがハイドンを録音しているとは知りませんでした。意外な感じがします。演奏は堅実というかモダンオーケストラとしてオーソドックスな印象です。小気味よく引き締まったところはらしいと言えるかもしれません。強い印象を残す演奏ではありませんが,こういう正攻法のハイドンも良いですよね。安心して聴けます。

録音ですが,少しばらつきがあります。オーケストラの録音としては普通の範囲に入るとは思いますが,残響がやや多めでフォルテで明瞭感や分離感が落ちるものがあったり,楽器の質感が掴みにくく現実感に乏しいものがあったりします。悪くはないのですが,もう少しスッキリと見通しよく録ってくれればいいのにと思いますね。惜しいです。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->