FC2ブログ

モーツァルト:交響曲集(ロジャー・ノリントン指揮/シュトゥットガルト放送交響楽団)

roger_norrington_swr_mozart_essential_symphonies.jpg
モーツァルト:交響曲集 (6 CDs)
ロジャー・ノリントン指揮/シュトゥットガルト放送交響楽団
2006年9月5-17日 シュトゥットガルト,ヘーゲルザール,リーダーハレ
SWR19526CD (P)2006 SWR Media Service (C)2021 Naxos Deutschland Musik (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

ヨーロッパ音楽祭のライヴ録音で,モーツァルト生誕250年記念で2週間にわたり20曲以上の交響曲が演奏されたときのライヴ録音(拍手入り)(曲目は参考サイトをご参照ください)。初演当時の様式を研究し,曲によって編成を変えているとのことで,初期の作品は総勢18人から,最後の4曲はフルオーケストラで演奏されているとのことです。モダン楽器の現代オーケストラでの演奏ですが,ピリオド奏法が徹底されています。アーティキュレーションやフレージングが独特で少し癖があるように感じられますが,こういうところはいかにもノリントンらしいと思います。

このディスクで特筆したいのは録音の良さです。特に編成の小さな初期から中期の作品の録音が良いです。残響は少し多めに入っていますが,楽器音への被りは少なく,それぞれの楽器の音色が明瞭に伸びのある音で捉えられています。楽器の質感もまずまずです。ライヴらしい自然さ,生々しさもあります。オーディオ的なクオリティも悪くありません。

少し癖のある演奏に好き嫌いはあるかもしれませんし,私自身はピリオド奏法は少し苦手なのですが,録音が良いので,それはそれとして気持ち良く聴くことが出来ました。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->