FC2ブログ

ボッケリーニ,ヴィヴァルディ,ハイドン:チェロ協奏曲集(アシエル・ポロ/アンドレス・ガベッタ指揮/セビリア・バロック管弦楽団)

asier_polo_orquesta_barroca_de_sevilla_vivaldi_boccherini_haydn_cello_concertos.jpg
ボッケリーニ,ヴィヴァルディ,ハイドン:チェロ協奏曲集
アシエル・ポロ Asier Polo (Baroque Cello)
アンドレス・ガベッタ指揮/セビリア・バロック管弦楽団
2019年4月9-13日 Espacio Turina/ICAS (Sevilla)
IBS52020 (P)2020 IBS Classical (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,amazon music,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

ブラームスのチェロ・ソナタ集が良く,最近バッハ無伴奏チェロ組曲もリリースした(→購入ディスクメモ),最近ちょっと注目しているスペインのチェリスト,アシエル・ポロのバロックチェロ協奏曲集。バロック・チェロを使用しているとのことです。以下の曲を収録しています。

ボッケリーニ:チェロ協奏曲ニ長調 G.479
ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲ハ短調 RV.401
ヴィヴァルディ:2つのチェロのための協奏曲ト短調 RV.531
ハイドン:チェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.VIIb:1

で,その演奏ですが... おぉ! 絶倫チェロだ! バロック・チェロでそこまでギンギンに弾くかぁ!! 痛快にもほどがある!(以上)

録音ですが,ソロ,オーケストラとも少しキツめの音で録られています。残響感というか少し距離感をもって録音会場の空間性,雰囲気も取り入れながら収録されています。音作りがやや刺激的でもう少し抑えて欲しいと思う一方,もう一歩寄って楽器そのものの音をダイレクトに捉えて欲しかったとも思います。難しいところですが。とはいえ,残響の被りで曇ったりしていないので悪くありません。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->