実はCD-Rでした...オスカー・シュムスキーのバッハ無伴奏ヴァイオリン

名盤復活! オスカー・シュムスキーのバッハ無伴奏ヴァイオリン」のエントリでNIMBUS盤はプレスCDであると報告しましたが,同じくNIMBUS盤をご購入された読者の方からのご指摘で同盤はCD-Rであることが判明しました。

信号面の色とレーベル面の印刷状態からプレスCDと判断してしまいました。CD-Rであるとご指摘を受けてなお自信を持ってCD-Rだと言えるだけの証拠を確認できずにいるのですが,ご指摘通りCD-Rというのが正解であろうと考えます。

誤報,申し訳ございません。訂正いたします。プレスCDとCD-Rの見分けも出来ないとは情けない限りです。

参考: Amazon.co.jp(Nimbus盤ASV盤

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する