FC2ブログ

バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲(カラヤン/ベルリン・フィル 1978,79年録音)

cover picture

バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(Herbert von Karajan)(Conductor)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)
1978年7月,1979年1月 ベルリン,フィルハーモニー
415 374-2 (P)1980 Polydor International GmbH (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

カラヤン/ベルリン・フィル 2回目の録音(トーマス・ブランディス(Vn),他)。1回目同様モダン楽器による演奏で,第二番,第四番はフルートが使われています。1回目とは少し趣が違い,第三番,第六番を含め,中規模?の編成で統一されています。また,モダン楽器による演奏としては旧世代的ではあるものの,適度なリズム感と流動感があり,スタンダード路線の気品と風格を備えた演奏としてかなりよく仕上がっていると思います。

録音ですが,残響控えめで各楽器をきちんと捉えているので聴きやすいのですが,わずかに高域のヌケが悪くスキッとしていないのが惜しいです。また,第二番はソロ楽器がトゥッティの後ろから聴こえてくる感じでぼやけていて良くありません。特にトランペット! 輝かしさがまるでありません。基本的には悪くないだけにもったいないです。

タグ: [協奏曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->