fc2ブログ

シベリウス:交響曲第4番,森の精,悲しきワルツ(サントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮/エーテボリ交響楽団)

rouvali_gso_sibelius_symphony_4.jpg
シベリウス:交響曲第4番イ短調作品63
森の精作品15
悲しきワルツ作品44
サントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮/エーテボリ交響楽団
2021年11月, 2023年3月, 2022年6月スウェーデン,エーテボリ・コンサート・ホール
ALPHA 1008 (P)(C)2023 ALPHA CLASSICS (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,amazon music,HMV Onlineicon,Apple Music

ロウヴァリ指揮/エーテボリ響のシベリウスは今まで第1番,第2番,第3番,第5番を取り上げてきました。これが第四弾になります。

シベリウスの第4番は私としては最も取っつきにくかった作品ですが,最近ようやく抵抗なく聴けるようになってきました。第三楽章まではひたすらモノトーンの世界が続き,第四楽章でようやく色が差してくるという印象の曲で,この演奏でもその印象は変わりません。第三弾までの演奏が比較的ダイナミックに表現されてきたと思うのですが,この演奏ではダイナミックさはあれどどこか淡々としたところがあり,モノトーンの階調が繊細にコントロールされているイメージでした。第4番をより強く印象づける演奏だと感じました。

録音ですが,基本的には今までの録音と統一感があります。ただ曲が曲なので少しくすんだように聴こえます。良いという感じがあまりしないのですが,悪くないと思います。(変なコメントですみません)

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->