FC2ブログ

ブラームス:交響曲全集(マッケラス/スコットランド室内管弦楽団)

cover picture (a) cover picture (b) cover picture (c)

ブラームス:交響曲全集
ブラームス:大学祝典序曲,ハイドンの主題による変奏曲
サー・チャールズ・マッケラス指揮(Sir Charles Mackerras)(Conductor)
スコットランド室内管弦楽団(Scottish Chamber Orchestra)
Recorded in Usher Hall, Edinburgh, Schotland, January 6-11 and 27-30, 1997
CD-80463/80464/80465 (P)(C)1997 TELARC (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

サー・チャールズ・マッケラス氏が7月14日に亡くなられたという記事がhmv.co.jpiconに掲載されていました。ご冥福をお祈りいたします。

確かマッケラス氏のブラームス交響曲全集を持っていたはず,と,買うだけ買って聴いていなかったディスクを引っ張り出してこの機会に聴いてみました。室内管弦楽団による演奏で,小気味よく引き締まっていて,小編成の機動力が良く活かされている秀演だと思います。見通しの良さも特筆できます。「18世紀から19世紀の演奏スタイルを徹底的に研究,検証したうえで,それを現代にふさわしい姿で再現…」とHMV Onlineiconに書かれているのですが,ピリオド的なテイストはほとんど感じらません。「現代にふさわしい」というあたりはその通りだと思います。重厚さや豊潤さとは無縁の演奏なので好みが分かれると思います。私は気に入りました。

録音も響きを抑えて明瞭感とヌケの良さを確保し,この小気味よい見通しの良い演奏を一層引き立てています。私としてはもう少し弦楽器の質感をはっきりと捉えるようにして欲しかったのですが,それでも良好な録音と言えます。

第一番 15:29/8:51/4:16/16:31 計約45分 提示部リピートあり
第二番 19:38/8:50/5:03/9:00 計約43分 提示部リピートあり
第三番 12:16/8:29/6:14/8:35 計約36分 提示部リピートあり
第四番 12:02/10:38/6:05/10:06 計約39分

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->