FC2ブログ

インナーホン JVC HA-FXC71/HA-FXC51のレビュー

jvc_ha-fxc71.jpg HA-FXC71 jvc_ha-fxc51.jpg HA-FXC51

「CD試聴記」のWebサイトのオーディオ製品試用記にインナーホン JVC HA-FXC71/HA-FXC51 のレビューを載せました。

参考: Amazon.co.jp (HA-FXC71-B,HA-FXC71-W,HA-FXC51-B,HA-FXC51-R)

以下,転載します。参考になれば幸いです。


HX-FXC71 ケーブル1.2m Y字,プラグストレート型 金メッキ 16Ω 6.2g
HX-FXC51 ケーブル1.2m Y字,プラグストレート型 金メッキ 16Ω 4.4g

2010年6月発売。私が苦手とするカナル(耳栓)型です(^^;。トップマウント構造という,振動板が音筒部の先端に配置された特殊な構造になっているのが最大の特徴です。FXC71とFXC51は見かけはほとんど同じですが,カタログスペック上では重量が異なるのと,再生周波数帯域がFXC71は8-25,000Hz,FXC51は10-24,000Hzと異なっています。内部の構造もFXC71の方が凝っていますし,カナル型特有のケーブルのタッチノイズに対する対策もFXC71の方が上のようです。

音質はどちらも癖が全くなく広帯域・高解像でスピード感があります。変に響きが付加されたり色が付いたりすることがありません。ヌケの良さも抜群です。これは本当にいいかもしれません。

相対的な比較になりますが,FXC71は高域から低域までフラットで低域の量感がかなりあります。FXC51はそれに比べると少し高域寄りで低域は弱め(というか普通),わずかに中域に凹みがあるように感じました。あと,FXC71の方がわずかに緻密さというか密度感が高いように思いました。帯域バランス的には低音の量感が控えめなFXC51の方が私の好みに合いますが,やはり緻密さに勝るFXC71の方が長期にわたって愛用できそうな気がします。

ということで,これは私にとってさしあたり当たりでした。長期に使ってみないと本当に気に入るかどうかはわかりませんが,愛用候補に挙げるに十分な音質です。それよりも,まずは私のカナル型に対する「苦手」の克服が先ですが(^^;。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->