ベートーヴェン:弦楽四重奏曲集(アルテミス四重奏団)

cover picture
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第2番 ト長調 作品18-2(*)
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番 ハ長調 作品59-3 「ラズモフスキー第3番」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番 嬰ハ短調 作品131(*)
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番 イ短調 作品132
Klaus von Bismarck-Saal, Koln, 20-26.VII.1998
Studio Stolbergerstrasse, Koln, 10-12.VI.2002, 2-4.VII.2002(*)
50999 607102 0 8 (P)2000-2002 (C)2010 EMI Records Ltd/Virgin Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp

cover picture
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 作品59-1 「ラズモフスキー第1番」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第11番 ヘ短調 作品95 「セリオーソ」
Jesus Christus Kirche, Berlin (Dahlem), 23-26.VI & 2-3.VII.2005
TOCE-55777 (P)(C)2005 EMI Records Ltd/Virgin Classics (国内盤)
好録音度:★★★
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp

cover picture
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第4番 ハ短調 作品18-4
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番 ホ短調 作品59-2「ラズモフスキー第2番」
Teldex Studio, Berlin 13-15.II & 5-7.V.2008
00946 380268 2 2 (P)(C)2008 EMI Records Ltd/Virgin Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考:HMV OnlineAmazon.co.jp

cover picture
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第6番 変ロ長調 作品18-6
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番 変ロ長調 作品130,大フーガ 作品133
Teldex Studio, Finckensteinallee 36, Berlin 8-13.XI.2009 & 16-18.XII.2009
50999 694584 0 8 (P)(C)2010 EMI Records Ltd/Virgin Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp

cover picture
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 作品18-1
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番 変ホ長調 作品130,大フーガ 作品133
Teldex Studio, Berlin 19-20.V, 29-30.VI & 1.VII.2010
50999 628659 0 6 (P)(C)2010 EMI Records Ltd/Virgin Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp

cover picture
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第3番 ニ長調 作品18-3
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第5番 イ長調 作品18-5
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番 ヘ長調 作品135
Teldex Studio, Berlin, Germany, 21-22.XII.2010(Op.18-5), 27-28.I.2011(Op.18-3), 9-11.II.2011(Op.135)
50999 0708342 6 (P)(C)2011 EMI Records Ltd/Virgin Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp

アルテミス四重奏団(Artemis Quartet)

最近の若い弦楽四重奏団は,総じて現代的な感性を持ち,技術力にも表現力にも優れ,元気がありますね。このアルテミス四重奏団もその一つではないかと。

このベートーヴェンも非常に研ぎ澄まされた先鋭で引き締まった演奏で,ときに優しく,ときに激しく,豊かな感情をほとばしらせながら,しかしどの表現をとっても完璧に絶妙にコントロールされているのです。しかも奇を衒うようなところは全くなく,王道的な路線の中でこれをやってのけているのでもう見事と言うしかありません。全集の完成が楽しみです。

録音ですが,ラズモフスキー第1番とセリオーソはやや残響が多めで曇りがち,あまり良い印象ではありませんが,それ以外は残響を少し伴っているものの直接音主体に明瞭に,解像感高く捉えていて良好です。不満がないわけではありませんが,これなら納得できます。

なお,途中で第2ヴァイオリンとヴィオラが交代しています。最初の録音から10年以上経っていますし,最初の方のストレートな演奏に比べてやはり最近の方が表現力を増した演奏になっているので,新メンバーで全部録音して欲しいところですが,やっぱり無理ですかね?

(記2010/12/04)


第3番,第5番,第16番のディスクを追加しました。演奏,録音とも期待通りでした。HMV Onlineによると,「全集シリーズの最後を飾る」とあるのですが,まだ第10番が出ていないように思います。私が見逃しているのでしょうか?

(記2011/06/19)

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する