FC2ブログ

フェイマス・ブルー・レインコート,ザ・ハンター,ザ・ウェル(ジェニファー・ウォーンズ)

cover picture (a) cover picture (b) cover picture (c)

(a) フェイマス・ブルー・レインコート(Famous Blue Raincort) (1987年リリース)
826663-10490 (P)1990,2007 Porch Light LLC (輸入盤) ※20th Anniversary Edition
好録音度:★★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp

(b) ザ・ハンター(The Hunter) (1992年リリース)
BVCP-203 (P)1992 BMGビクター (国内盤)
 æ„›è´ç›¤ ã€€ ãƒªãƒ•ã‚¡ãƒ¬ãƒ³ã‚¹éŸ³æº ã€€å¥½éŒ²éŸ³åº¦ï¼šâ˜…★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp

(c) ザ・ウェル(The Well) (2001年リリース)
CISCO MUSIC SCD 2034 (P)2001,2003 Davich/Warnes (輸入盤)
 æ„›è´ç›¤ ã€€ ãƒªãƒ•ã‚¡ãƒ¬ãƒ³ã‚¹éŸ³æº ã€€å¥½éŒ²éŸ³åº¦ï¼šâ˜…★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp

ジェニファー・ウォーンズ(Jennifer Warnes)
公式Webサイト

ジェニファー・ウォーンズという人を実はあまり知らないのですが,1982年の映画「愛と青春の旅立ち」の主題歌をジョー・コッカーと歌い,全米ナンバーワンに輝かせたこともあるなど,かなりの実力を持っておられるようです。1970年代から活躍されているということですのでキャリアも長いそうです。

オーディオファンの間では特に(b)が優秀録音盤として有名です。ご存じの通り,今年,ステレオサウンド誌の企画盤としてガラスCDも制作されました。

発売当時から優秀録音で有名でしたので,私もリファレンス音源として長年愛聴してきました。確かに音は良いと思います。中高域のクリアさはもちろん,低域のレンジが広くしかも締まりがあるのが特徴です。(a)(c)も録音にこれほどのインパクトはありませんが,ヴォーカルがとても美しく収録されていて,私にとっては(b)同様に楽しめる音源です。優秀録音であり,好録音でもあります。

しかし,ポピュラー音楽ならこれくらいのクオリティで録音することくらいそんなに難しくないんじゃないの?と思うのですが,このCDがいまだに特別扱いされているところを見ると,やっぱり難しいんでしょうね。

音楽自体は大人の上質なポップスという感じです。後のCDほと落ち着きと余裕が感じられます。音楽としてのクオリティの高さも愛好者を増やしている要因なのでしょう。ヴォーカルは本当に素晴らしいです。しかし,バックの演奏にあんまり魅力を感じない(没個性的)のが私としては不満の残るところです。まぁポップスとはこういうものだと割り切って聴くしかないですね。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->