バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲(デヴィッド・ジュリッツ)

cover picture

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
デヴィッド・ジュリッツ(David Juritz)(Violin)
Recorded at Wyastone Concert Hall, Monmouth, 8, 9 October 2008, 23, 24, March 28, 29 May 2009
NI 6142 (P)(C)2011 Wyastone Estate Ltd. (輸入盤) ※CD-R
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jpAmazon.co.uk

CD試聴記」からの転載記事です。

オーソドックスなアプローチの演奏だと思います。落ち着きがあり「動」よりも「静」のイメージであり,やや地味で印象が薄いものの,技術的にも安定していて安心して聴くことが出来ます。

路上パフォーマンスをやる人なのでもっとくだけたバッハが聴けるかと密かに期待していたのですが,真面目で至極真っ当でした。もちろんこれはこれで良いのですが。

録音ですが,少し残響が多めですが,楽器音自体はしっかりと捉えられていますので,ニュアンスや質感がそれなりに伝わってきて印象は悪くありません。とはいえ,響きが音色に影響を与えていますし明瞭感も損なっていますから,私としてはもっと残響を抑えてすっきりと抜けよく録って欲しかったと思います。

デヴィッド・ジュリッツ氏は英国のヴァイオリニスト(南アフリカ,ケープタウン生まれとのこと)。ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズのコンサートマスター。2007年8月2日の編集日録で,「路上パフォーマンスで寄付を募りながら世界各地を周っておられる」と紹介しました。日本にはその年の9月に来られていました(2007年9月4日の編集日録)。最近では今年の3月11日(東日本大震災の日!)に兵庫の芦屋でチャリティーコンサートを行われていたようです(→参考:ふぃお~ら旅に出る)。

密かに路上パフォーマンスのライヴ録音を期待したのですが,普通のホールでの録音でした(^^;。

juritz_busking_1.jpg

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する