FC2ブログ

バッハ:ゴルトベルク変奏曲(シトコヴェツキー編曲 弦楽三重奏版)(シトコヴェツキー/コセ/マイスキー)

cover picture

バッハ:ゴルトベルク変奏曲(シトコヴェツキー編曲 弦楽三重奏版)
ドミトリ・シトコヴェツキー(Dmitry Sitkovetsky)(Violin)
ジェラール・コセ(Gérard Caussé)(Viola)
ミッシャ・マイスキー(Misha Maisky)(Cello)
Banberg, 26-27.11.1984
C 138 851 (P)(C)1985 ORFEO International Music GmbH (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

演奏者のシトコヴェツキー氏編曲のゴルトベルク変奏曲弦楽三重奏版。こういうのを本家本元というのでしょうね。この曲を本当に自分で演奏してみたかったんだなぁ...というのがストレートに伝わってきます。ここには厳しくバッハの音楽を追究する姿はなく,心底音楽を楽しんでいるという喜びがあります。ゴルトベルク変奏曲の弦楽三重奏版はこういう演奏で聴きたいものです。弦楽器が好きな私には最高の贈り物です。ゴルトベルク変奏曲を弦楽器のレパートリーに加えたシトコヴェツキー氏の功績を讃えたいと思います。

録音は少し残響感があるのでそんなに良いわけではありませんので好録音度は高くありませんが,演奏の雰囲気に合ったまずまずの音の捉え方をしているところは評価できます。オーディオクオリティも大切ですが,演奏者の姿勢をどう理解してその音を捉え,聴く人にそれを伝えるか,ということも大切だということを教えてくれる録音です。

[バッハ][室内楽曲][愛聴盤]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->