FC2ブログ

バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(安田謙一郎)CD復刻盤

cover picture
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
安田謙一郎 (Ken Yasuda)(Cello)
1975年2月4-6日(Nos.1, 2),1975年4月8-10日(Nos.3, 4),1975年4月17-18(No.5),1975年7月23-24日(No.6) 埼玉県川口市民会館ホール
DENON COCO-73263-4 (P)2011 NIPPON COLUMBIA CO., LTD.
好録音度:★★★★★
参考: HMV Online,Amazon.co.jp,Tower Records
2009年8月6日のエントリーで友人のご厚意で聴かせていただいたアナログ盤の紹介をしました。「復刻を期待!」と書きましたが,昨年末にDENONのクレスト1000シリーズで待望の復刻となりました! DENONさん,有り難うございます。(って,別に私がリクエストしたからではないと思いますが(^^;)

アナログ盤の紹介時に録音評価を五つ星の最高点としていました。CD復刻されたものを改めて聴いてみて,五つ星はちょっと大げさに付けすぎたかなと思いましたが,ある意味やはり好録音を代表するような録音と言えますので,あえてそのまま五つ星にしておきます。優秀録音として付けているのではないという点をご理解いただきたくお願い致します。

1975年の録音ですが,PCM DIGITALの記載があります。デジタル録音の最初期のものではないかと思います。オーディオ品質的には1975年の録音としては少しきめが粗い感じがします。また,ホールで録音したにしては若干環境ノイズが多めに感じられます。しかし,ほんのわずかに残響を伴っているものの,適度な距離感で明瞭に,細かいニュアンスまでも克明に記録されており,やはり音の捉え方としては申し分ないと思います。

演奏については「CD試聴記」にてコメントしていますので,そちらをご参照ください。

とにかくこの素晴らしいバッハ演奏がCDで復刻されたことを喜びたいと思います。

■ この記事へのコメント

you
こんばんは。お久しぶりです。

私は今日偶然、安田さんの無伴奏を今年の聴き初めとして購入したところ、こちらにもあがっていたので驚きました!

いま聴いているのですが、生々しく、癖のない弾きっぷり、まさにこういう無伴奏が聴きたいという要望に沿ったもので、安価でしたし、大変いい買い物をしたと思いました。

演奏家が個性を求め、様々な冒険的試みをなすこの曲にあっては、聴き手と弾き手の温度差を感じることが少なくないのですが、さりげなくさっと弾いてるようにみせて、実はチェロという楽器でそういうことをなすのが難しいことを感じさせない当盤は、本当にすなおに聴き流すことができます。

これから日々のお伴にできる無伴奏チェロ組曲の名盤が手に入り、喜ばしく思います(^^)
2012.01.03 at 23:15 #- URL [Edit]
T.S.
こんばんは。コメント有り難うございます。
安田さんの無伴奏チェロについては,全くおっしゃるとおりだと思います。
こんな良い演奏が今まで復刻されずに眠っていたのが信じられないですね。
CD入手を機に私もじっくりとこの名演を味わいたいと思います。
2012.01.03 at 23:50 #- URL [Edit]
arai
残響音の少ない録音がいかに素晴らしい印象を聴くものに与えるを、貴サイトから教えて頂いたaraiです。


前々から気になっていたこの演奏を、入手して聴いてみました。

素晴らしい演奏ですね。
即、愛聴盤の評価です。

今ではわたしも、録音における残響が、食事どきの紫煙のように感じてしまいます。それは、料理の細部の味わいを台無しにしてしまうものです。


安田さんのこの演奏は、目前で演奏してくれるような録音で、とっても気分が良いですね。

紹介して頂きまして、ありがとうございます。




2012.01.04 at 15:36 #- URL [Edit]
T.S.
こんばんは。コメント有り難うございます。紹介した甲斐がありました。
演奏が素晴らしいことはもちろんのこと,録音も良いですよね。
このディスクが広まることで世の中一般の残響への考え方が変わっていくことを期待しています。
(まあ無理だとは思いますが...)
2012.01.04 at 20:13 #- URL [Edit]
popotoku
やっと入手して聴く事ができました。1番の出だしを聴いてすぐに愛聴盤になることを確信しました。誠実な演奏ですね。最近のライブノーツ盤(深沢亮子との室内楽集。第1番のみ収録)より好きです。
2012.03.08 at 22:28 #- URL [Edit]
T.S.
コメント有り難うございます。
気に入っていただけたようでなによりです。
紹介した甲斐がありました。
2012.03.10 at 22:34 #- URL [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->