FC2ブログ

ヘッドホン Sennheiser PX200-II のレビュー

picture
「CD試聴記」のWebサイトのオーディオ製品試用記にヘッドホン Sennheiser PX200-II のレビューを載せました。

参考: Amazon.co.jp (Blackモデル) (Whiteモデル)

以下,転載します。参考になれば幸いです。


ケーブル1.2m 片出し,プラグ ストレート,32Ω,ボリュームコントロール付き

密閉型で耳載せタイプのコンパクトなヘッドホン。 発売は2010年3月。 2012年1月現在の実売価格約8,000円。 ゼンハイザーとしては初級クラスの製品だと思います。

金属製のヘッドバンドで折りたたみ構造を採用していてコンパクトに収納できるのが特徴です。 相変わらずゼンハイザーらしくやや安っぽい感じですが,価格相応とも言えます。 イヤーパッドは厚めで薄い人工皮革で覆われています。 耳に載せる部分が小さいですが,載せた感じは悪くなく良くフィットして密閉が保たれます。 ケーブルは細めですがポータブルとしてはこれくらいがちょうど良い感じです。 音量調整用のボリュームコントロールが付いています。 操作部がやや大きくて邪魔ですが,操作性は悪くありません。

装着感はまずまず良好です。 側圧も適正で長時間使用しても疲れにくいです。

肝心の音ですが... 全体としてはフラットに近い癖のない音質ですが,低域寄りのチューニングのため相対的に中高域が弱く感じられます。 そのため素直ながらやや音に艶がなくまたスカッとしたヌケの良さが感じられません。 一方で解像感はかなりあり細かい音まで明瞭に聴こえます。 低域もこのサイズにしては伸びている方だと思います。

ということで,私としては相対的に高域が弱いことによるヌケの悪さが不満で,残念ながら常用にまでは至りませんでした。 装着感と使い勝手が良かっただけに残念です。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->