シベリウス,ディーリアス:弦楽四重奏曲(フィッツウィリアム弦楽四重奏団)

cover picture
シベリウス:弦楽四重奏曲ニ短調作品56「親愛なる声」
ディーリアス:弦楽四重奏曲
フィッツウィリアム弦楽四重奏団 Fitzwilliam String Quartet
December 1978
POCL-3442(425 717-2) (P)1980 Decca (国内盤)
 愛聴盤  好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
シベリウスの弦楽四重奏曲の方はアナログ盤時代からの愛聴盤。シベリウスの北欧的モノトーンの世界を見事に表現しています。ハーモニーの響きが美しく,音の出だしや音の移り変わりのニュアンスも絶妙で素晴らしいです。第3楽章が最高です。これ以上完璧な演奏があるのだろうかと思ってしまいます。

録音ですが,やや残響が多いのですが残響の質は悪くなく,またそれぞれの楽器は明瞭に捉えられているので印象は悪くないです。むしろシベリウス独特の世界の演出に貢献しているとも言えます(好録音探求の立場から言えば非常に不本意ですが!)。もっとも最初に聴き込んだのがこの演奏なので,耳が慣れてしまっているいるんでしょうね。残響を気にしない人であれば優秀録音と言えるかもしれません。

CDの時代になってもいっこうにCD復刻される気配がなかったので仕方なく他の四重奏団のディスクをいくつか聴いてみたのですが,この演奏を超えるものが見つからず,復刻を心待ちにしていました。やっとCD復刻されたのが1994年頃でした。そのあとまたすぐに廃盤となり入手しづらい状態が続いていたようですが,数年前にEloquence Australiaの廉価盤で復活しました。

なおディーリアスの弦楽四重奏曲は全く好きになれずほとんど聴いていません。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する