FC2ブログ

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集(アーロン・ローザンド/エイリーン・フリスラー)

cover picture
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集
アーロン・ローザンド Aaron Rosand (Violin)
エイリーン・フリスラー Eileen Flissler (Piano)
録音:1961年
CDX3 3503 (P)(C)1995 THE VOX MUSIC GROUP (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jp,Tower Records
この人の演奏を聴いていると「ヴィルトゥオーソ」という言葉が浮かんできます。私のこの感覚とこの言葉の定義が合っているかは自信がありませんが,とにかくそんな感じなのです(^^;。技術のキレの良さが前面に出る個性的な演奏ですが,嫌みがなくひたすら明るいのがいいですね。そういうところが好きです。

録音ですが,1961年の録音なのでクオリティは高くありませんし,音色も古臭いのですが,残響を控えめにして楽器の音をストレートに明瞭に捉えています。古臭いといっても高域は必要十分に出ていてヌケも悪くなく,何ら不満を感じません。

もう廃盤になってからかなり経つのか,あまり入手性が良くないのは残念なことです(入手困難ではないですが)。

試聴: iTunes Store (※注 iTunesのインストールが必要かもしれません)

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->