FC2ブログ

コープランド:アパラチアの春,交響曲第2番「短い交響曲」,静かな都会,3つのラテン・アメリカン・スケッチ(オルフェウス室内管弦楽団)

cover picture
コープランド:アパラチアの春
コープランド:交響曲第2番「短い交響曲」
コープランド:静かな都会
コープランド:3つのラテン・アメリカン・スケッチ
オルフェウス室内管弦楽団
Recorded: March 1988, Performing Arts Center
Brilliant Classics 9207 (P)1989 DG (C)2010 Brilliant Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp,Tower Records

ドイツ・グラモフォンからリリースされていたディスクのライセンス発売。値段も安い!(さすがブリリアント・クラシックス)。こういう再発売は大歓迎です。

コープランドは大学時代に「ビリー・ザ・キッド」組曲を演奏したことがあります(よくこんな曲をやったものだと今更ながら感心します)が,このディスクの曲は初めて聴くものばかりでした。コープランドは近代の作曲家ですが,和声的には自然なので聴きやすいです。アパラチアの春などなかなか楽しめました。

録音ですが,同楽団の他のものとほぼ同様ですが,若干音の捉え方が弱い気がします。美しく見通しよく捉えているのですが,質感の捉え方が少し弱めでわずかに物足りなさがあります。まあしかし小編成の透き通るような演奏を引き立てる録音には違いがないので,少しオマケですが四つ星半です。

■ この記事へのコメント

Sugar
近年リリースされているBrilliant Classicsの音質が意外といいですね。オリジナル・ソース(例:デッカ、DG)の音盤と遜色ないか、それ以上だったりします。これで廉価ですから、私のようなクラシック初心者にたまらないレーベルです。ハイ。
2012.04.25 at 10:06 #GE1Q478A URL [Edit]
T.S.
いつも有り難うございます。確かにブリリアントの音質は悪くないですね。安くて品質が高いのは大歓迎です。この調子でいろいろ廃盤になっているディスクを復刻してほしいですね。
2012.04.26 at 02:51 #- URL [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->