FC2ブログ

シューベルト:弦楽四重奏曲全集(シネ・ノミネ四重奏団)

cover picture
シューベルト:弦楽四重奏曲全集
シネ・ノミネ四重奏団 Quatuor Sine Nomine
録音 1989-1994年
Cascavelle VEL 3115 (輸入盤)
好録音度:★★★★~★★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp,Tower Records
実は言うと,シューベルトの弦楽四重奏曲は少し苦手です。特に第12番以降でしょうか。底の見えない井戸を覗いたときのような怖さというか,奥底の深さというか,得体の知れない病的な精神世界を感じるというか...とにかく何とも言えぬ不気味な感情が湧いてくるのです。そしてこの演奏は今まで聴いた中で最もそれを強く感じます。感情の起伏の激しさ,深く広がる抒情感...ある意味それだけこの演奏は優れていると言えるのかもしれません。

録音ですが,響きが楽器音に被って少し音色を損なっているものの,楽器音をしっかりと捉えているため印象は悪くありません。どちらかといえば1989-1990年に録音された1~3枚目が良く,1994年に録音された4, 5枚目は響きが増えて音の劣化度合いが増しています(この音作りが上記のような印象を増幅しているような気がします)。残響による影響が許容できる方には優良な録音かもしれません。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->