FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)

cover picture
ベートーヴェン:交響曲第1番,第2番,第4番,第5番
カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 1970年,1972年
439 681-2 (P)1970,1972 Polydor International (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp,Tower Records

cover picture
ベートーヴェン:交響曲第6番,第7番,第8
ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番(*),フィデリオ序曲(*)
カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
カール・ベーム指揮/シュターツカペレ・ドレスデン(*)
録音 1971年,1972年,1969年?(*)
437 928-2 (P)1969,1971,1972 Polydor International (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp,Tower Records

cover picture
ベートーヴェン:交響曲第3番,第9
カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 1970年,1972年
437 368-2 (P)1972 Polydor International (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp
※SHM-CDによる全集(没後30周年記念): HMV Online,Amazon.co.jp,Tower Records

1970~1972年に録音された全集です。伝統的なスタイルでスケールが大きい安定感のある演奏ですね。今時の演奏と比べるとやはり全体に遅めで重厚であり,ワクワクするような演奏ではありませんが,なにかホッとするような安心感はやっぱりあります。最初に触れたのがこういう演奏だったからかもしれません。ウィーン・フィルの美しい響きも堪能できます。

録音ですが,曲により多少のばらつきはありますが,やはりこの時期のドイツ・グラモフォンらしい明快なろくおんです。音楽のエッセンスを適切に抽出し,わずかに誇張気味に味付けがしてある好録音です。残響が少し多めに入っている曲もありますが,残響を抑え気味にした第7番あたりが最もよいと思います。

演奏・録音とも良質な全集だと思います。

あと,シュターツカペレ・ドレスデンと録音した序曲には驚きました。私のベームへのイメージを覆すに十分なアグレッシブな演奏です。この中では明らかに浮いています。録音も楽器にグッと近づき,残響をほとんど取り入れずにタイトに捉えています。少し誇張しすぎにも思いましたが,クオリティ的に少し落ちるのが残念なものの,これは面白いと思いました。

■ この記事へのコメント

kitaken
ベーム、小生も好きです。ただ、エロイカだけ、ティンパニのピッチがおかしいんですよね。どうしたんだろう。最近は、ヨッフムとコンセルトヘボウの全集に聞き惚れています。残響は拾っていますが、音の質感は損なっていないように感じました。HD650とALOのケーブル、HD-1Lの組み合わせで。
2012.04.30 at 20:58 #hlUuv8.g URL [Edit]
T.S.
コメント有り難うございます。ベームは良いですよね。近年特に忘れられつつある指揮者というような話も聞きますが,ベームの演奏には普遍的な価値があると思います。エロイカのティンパニーは気がつきませんでした。また聴いてみます。ヨッフムはベートーヴェンの録音があるとは知りませんでした。ノーマークでした。機会があれば聴いてみます。HD650をお持ちなんですね。一度聴いてみたいと思いつつ手が出せていません。HD580も現役なので。
2012.05.01 at 20:58 #- URL [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->