FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(マルケヴィチ版による)(飯守泰次郎指揮/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)

cover picture
ベートーヴェン:交響曲全集(イゴール・マルケヴィチ版による)
飯守泰次郎指揮/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
2010年3月31日(No.4,7), 7月15日(No.6,8), 11月11日(No.1,3), 12月28日(No.9), 2011年7月13日(No.2,5) 東京オペラシティコンサートホール,東京メトロポリタンシアターメインホール(No.9)
FOCD6014/8 fontec (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV Online,Amazon.co.jp,Tower Records
マルケヴィチ版とはどういうものかについて,飯守氏自身が解説書で次のように述べています。

ベートーヴェンの交響曲の演奏スタイルは,現在大きく2つの流れに分かれていて,その違いが非常に大きくなってきています。作曲当時の状況に忠実であろうとする古楽器的アプローチに対し,200年の歴史を通して発展してきた伝統的な演奏スタイルは,当時の楽器の性能等による制約に着目し,改革者としてのベートーヴェンの本質に立脚して,彼が本当に表現したかったことを汲んで実現しようとするものであり,マルケヴィチ版は後者にあたります。

聴いてみるとまさにその通りで,ベーレンライター校訂版を用いた10年前の全集が古楽器的アプローチであったのに対し,今回の全集は1960~70年代の巨匠の演奏を彷彿とさせるような路線であり,同じ指揮者,同じオーケストラによる演奏とは思えない全く違うアプローチのものでした。10年前に古楽器的アプローチといいつつもモダン・オーケストラでの新しい表現に挑戦した指揮者がなぜ今この路線なのか少し疑問に思いましたが,これは伝統的アプローチを極めたマルケヴィチ版を検証する実験プロジェクトであり,将来に出るであろう「飯守版」に向けての一つの通過点に過ぎないのではないかと勝手に思っている次第です。10年後を楽しみにしたいと思います(^^;。

さて肝心の録音ですが,拍手まで入ったライヴ録音で,飯守氏のうなり声までしっかりと入っています。残響を抑えて自然な感じで録られていてそんなに悪くはないのですが,全体にくすんでいてなんだかパッとしません。というより漫然とただ収めただけという感じで,録音エンジニアの思いが全く伝わってこない,面白味のない録音です。この点でも10年前の全集の方が私にとっては魅力があります。なお,9曲の中では,第9番が比較的良好でした。

あと解説書が最悪...保険の約款なみに文字が小さすぎて全く読む気になりません。せっかく良いことが書いてあるのに。読んで欲しい,伝えたい,という意志が全く感じられません。楽曲の解説を省略してでも飯守氏のコメントや本盤についての解説の文字を大きくして読みやすくすべきです。10年前の全集から全く改善されていません(改善する気もないのでしょう)。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

Sugar
東京シティフィルの定期演奏会にて購入。飯守先生にサインを頂きました。さて、fontecさんの音に対するコンセプトですが「杜撰」ですね。先生のうなり声、足踏み音が綺麗に聞こえます。まぁ録音当日も気にはなったんですが、録音はクリアに収録されてます。グスン
まさに流し取り録音の典型かと。音質は普通。残念です。
2012.05.14 at 10:42 #GE1Q478A URL [Edit]
T.S.
こんにちは。いつも有り難うございます。返事が遅れ失礼しました。
確かにおっしゃるとおり,ボッ,ボッという非音楽な不快な雑音が入りますね。
(あとで本文も書き足しておきたいと思います)
せっかくの貴重な記録が台無しだと思います。
せめてこういう雑音くらいは気を遣って欲しいですね。
東京シティフィルの演奏会には良く足を運ばれておられるようでうらやましいです。
2012.05.19 at 22:05 #- URL [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->