FC2ブログ

ヘッドホン Sennheiser HD25-1とHD25-1 IIの特性比較

ヘッドホンの特性比較をもう一つ。SennheiserのHD25は,数年前に一度モデルチェンジをして,HD25-1からHD25-1 IIとなりました。現在手にはいるのは後者のモデルです。2007年に「オーディオ製品試用記」でこの2機種のレビュー記事を書いています。どちらも現役で使用しています。

この新旧2機種の特性をバイノーラル・マイクロフォンで測定しましたので参考として掲載します。旧機種のHD25-1は「バイノーラル・マイクロフォンでヘッドホンの測定を試みる(その4)」で載せたものと同じです。測定方法は「バイノーラル・マイクロフォンでヘッドホンの測定を試みる(その1)」に準じます(使用マイクは異なります)。

pic
図1 Sennheiser HD25-1 Lch: Blue/Rch: Red (使用マイク:SP-TFB-2)
※1kHzを0dBとして正規化


pic
図2 Sennheiser HD25-1 II Lch: Blue/Rch: Red (使用マイク:SP-TFB-2)
※1kHzを0dBとして正規化


こう並べてみると,新機種のHD25-1 IIの方が若干低域の量感があるような特性になっていますが,それを除くと概ね似た特性が得られています。音質の傾向もかなり似ていることが想像されますし,実際に聴いてみても大きくは変わっていないことを確認しています。

私が言うのもなんですが(^^;,リファレンス機としてふさわしい整ったバランスの良い特性をしていると思います。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->