FC2ブログ

iPod touchとAndroid音楽アプリのギャップレス再生を検証してみた

音楽プレーヤがギャップレス再生に対応しているかどうか,これはクラシック中心に聴く私にとっては切実な問題です。Mini Discからメモリープレーヤーの時代に変わってからこのギャップレス再生に対応したプレーヤはiPod以外にないという状態が長らく続いていました。私はiPodを使わないので,これに対処するために,曲間が空くと困る音楽のリッピング時はiTunesを使ってトラックを結合していました。これで一応解決はするのですが,トラック選択が出来なくなるのと,なにより面倒で忘れてしまいがちで,不便な思いをずっとしていました。

先日,私のツィッターアカウントでAndroidの音楽アプリでギャップレス再生に対応したソフトを見つけて聴いてみて,とりあえず良い結果が得られた旨のツィートをしました(まとめはこちら)。ただし,注意深く聴くとわずかにノイズが聴こえるような気もしましたので,もう少しきちんと評価してみようということで,このエントリーを起こしました(「検証」は少々大げさですが)。

検証対象は次の通りです。

 ・iPod touch (第4世代)
 ・Poweramp (Androidアプリ)トライアル版
 ・Winamp Pro (Androidアプリ)有料版

検証観点は次の通りです。

 (1)トラック接合の接合点の正しさ(サンプル欠けやわずかな隙間が空いていないか)
 (2)接合点での異音有無

音楽データはiTunesでAAC 256kbps/MP2 256kbpsでエンコードしたものを使用しました。



(1)トラック接合の接合点の正しさ

これを行うために,次の図のようなデータを用意しました。

pic
図1 検証に使用したデータのトラック間接合部
※赤線がトラック分割点


データは連続した正弦波で,これをトラック分割しています。分割点は,再生時にその位置が特定できるように,始端部はLch(図の上側)に0.5msおきにプラスマイナス交互のパルスを,終端部はRch(図の下側)に0.5msおきに同様のパルスを重畳しています。この分割したデータをiTunesを用いてAACやMP3にエンコードし,エンコードしたデータを検証対象のプレーヤで再生します。そしてこれをデジタル録音し,分割点が正しく接合されているかを波形表示ソフトで表示して確認します。

実際に測定したデータを次に示します。

pic
図2 iPod touch (iTunes AAC 256kbps)


pic
図3 iPod touch (iTunes MP3 256kbps)


iPod touchはAAC, MP3ともに正しいサンプル位置で接合できていることが確認できました。

pic
図4 Poweramp (iTunes AAC 256kbps)


pic
図5 Poweramp (iTunes MP3 256kbps)


Powerampですが,AACはサンプル位置は正しいものの1.2ms程度のギャップが空きます。これではギャップレスとは言えません。MP3は見かけ上正弦波が正しくつながっているように見えますが,前側のトラックの終端部が少なくとも5ms以上欠けています。「ギャップレス」ではあるものの,これでは正しいギャップレスとは言い難いです。

pic
図6 Winamp Pro (iTunes AAC 256kbps)


pic
図7 Winamp Pro (iTunes MP3 256kbps)


Winamp Proですが,AACはギャップはないものの,後側の先端のサンプルが少なくとも5ms以上欠けています。これも正しいギャップレスとは言い難いです。これだけ欠けると,明らかに音楽の流れを乱します。MP3の方は正しいサンプル位置で接合されていることが確認できました。

(2)接合点での異音有無

次に接合点での異音有無を確認しました。確認対象は,(1)で正しいサンプル位置で接合できていた次の3パターンです。中央の点線部分が接合点(と思われる箇所)です。

pic
図8 iPod touch (iTunes AAC 256kbps)


pic
図9 iPod touch (iTunes MP3 256kbps)


pic
図10 Winamp Pro (iTunes MP3 256kbps)


いずれも波形表示を見る限りは波形に乱れがなくきちんとつながっています。ただし,聴感上はわずかに「フッ」というような異音が入ります。エンコード/デコードに伴う圧縮歪みが影響しているのではないかと思います。正弦波だとこのような音が感じられますが,実際の音楽などではまずわからないレベルでしょう。



以上をまとめると,検証した中では実用上問題がないのはiPod touch,AndroidアプリのWinamp Pro+iTunes MP3の組み合わせでした。Winamp ProでAACが駄目なのはすごく残念です。トラックの先端部分の処理のバグだと思うので,早く対応して欲しいものです。なお,Winampは無料の無印版がありますが,こちらは対応していませんでした。

あと,Webを検索すると,いくつかギャップレス再生に対応していた,というソフトがあるようでしたが,その中のいくつかを試しましたが,私が試す限りはきちんとつながりませんでしたので,今回の検証対象から外しました。



以下,テスト条件を残しておきます。

iTunes バージョン 10.6.3.25
iPod touch(第4世代) ファームウェアバージョン 5.1.1

Android端末 Sony Xperia mini (ST15i)
Androidファームウェアバージョン 4.0.4 ビルド 4.1.B.0.431

Poweramp ソフトバージョン 2.0.6-build-508
Winamp ソフトバージョン 1.3.8 / Pro ソフトバージョン 1.00.30
(※Winamp Proは無料版のWinampに対して有料版化するProをあてて使う)

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->